新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | お問い合わせ | サイトマップ
ノートpcバッテリーの専門店
ホット製品新製品情報



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

パソコンのマウスカーソルが動かない!ピンチに役立つ原因と対処法

私たちは、日常的にパソコンを使用する機会が多くなってきました。仕事でもプライベートでも、パソコンを使っているという方は多いのではないでしょうか?パソコンを使っている最中にマウスカーソルが固まるなどして、動かなくなってしまった場合は、一体どうすればよいのでしょうか?
急ぎの仕事をしている時や、一刻も早くメールを送信しなければならないという時に、マウスカーソルが動かなくなったら、誰でも焦ってしまうと思います。
そこで今回はパソコンのマウスカーソルに的を絞って、マウスカーソルが動かない原因や、対処法について、分かりやすくご紹介していきます。「日頃からパソコンを使っているが、マウスカーソルが動かなくなったときの対処方法は知らない」という方は、これを機にぜひ参考になさってください。

マウスカーソルが動かないようになる原因はどのようなものが考えられるかみていきましょう。
(1)マウスの使用環境に問題がある

パソコンを使用しているとき、マウスをクリックには反応するものの、マウスポインタは動かないという場合は、マウスの使用環境に問題がある可能性があります。
マウスにはいくつかの種類がありますが、中でも「光学式マウス(別名:オプティカルマウス)」といって、マウスの裏面から光を発して、その光の反射によって画面上のマウスポインタが移動するタイプが近年の主流です。
この光学式マウスを動かしている台がガラステーブルであったり、金属製のデスクであったりした場合は、センサーがマウスの光をうまくとらえることが出来なくなり、マウスポインタが正常に動かなくなることがあります。さらにカーペットなどの大きな凹凸があるものの上でも、同様の不具合が発生しやすくなります。
(2)パソコン本体に問題がある

マウスを動かしても正常に操作できないときは、パソコンのフリーズが原因となってマウスカーソルが動かないようになっている場合もあります。
(3)マウス本体に問題がある

パソコンのキーボードは問題なく反応するのに、マウスが正常に操作できないという場合は、マウスが故障してはいないものの、本体の電池が切れていたり、USB接続のマウス受信機が外れているなど、なんらかの問題が発生してマウスカーソルが動かないようになっている場合があります。
(4)マウスが故障している

パソコン本体やマウス本体に問題がある場合を想定し、対処してみても改善せず、マウスが正常に操作できない場合は、ケーブルが断線していたりマウス本体や、受信機が故障してマウスカーソルが動かないようになっている可能性があります。
(5)ワイヤレスマウスの同期

パソコン本体とマウスをコードで繋ぐ必要がなく、赤外線や電波によって、操作することができるマウスのことを「ワイヤレスマウス」といいます。ワイヤレスマウスを使用する場合は、マウス本体に電池をセットし、USBレシーバと本体を同期させなければなりません。この同期がなされていないことが原因で、ワイヤレスマウスのマウスカーソルが動かないようになった可能性があります。
(6)USBセレクティブサスペンド

パソコンのマウスをしばらく動かさないまま放置するとスリープ状態となります。このスリープ状態から復帰させようとして、マウスを動かしてもマウスカーソルが動かないという場合は、USBセレクティブサスペンド(USB機器の節電機能の一つ)が作動して、使用していないUSB機器の電源を自動で切ってしまった可能性があります。
マウスカーソルが動かない原因
マウスカーソルを動かすための方法

(1)マウスの使用環境に問題がある場合

光学式マウスのマウスカーソルが動かない場合は、マウスパッドを用意して、マウスパッドの上でマウスを動かすようにしましょう。もしマウスパッドを用意するのが難しい場合は、光沢のない厚紙や本などの上にマウスをのせて、動かしてみましょう。こうすることで、光の反射センサーがマウスの光を正しくとらえられるようになり、マウスカーソルを正常に動かすことができるようになると思います。
また、ワイヤレスマウスを使用していてマウスカーソルが動かない場合は、マウスと受信機の間に金属製の遮蔽物(置物など)があるだけでも、マウスを正常に動かすことができなくなる場合があります。そのため、マウス本体と受信機を近づけてみて反応するかを確認しましょう。それで反応するのであれば、金属製の遮蔽物を取り除きUSB延長ケーブルを使って、受信機をマウスの近くに近づけることでマウスカーソルが動くようになると思います。
(2)パソコン本体に問題がある

マウスカーソルが動かない場合は、パソコン側に原因がないかということも確認しましょう。まずキーボードにある4枚の旗が並んだような模様の「ウインドウキー」を押し、画面上で「スタートメニュー」が開くかを確認します。このとき、スタートメニューが開かないのであれば、マウスが動かない原因はパソコン側にあると思います。
このような症状がおきたら、パソコンがフリーズしていますのでそれを解消しなければなりません。フリーズしたときの具体的な対処法については「リセットボタンを押す」か「電源ボタンを長押し」するといういずれかの方法で、強制的にパソコンを終了させるしか方法はありません。
強制的にパソコンを終了させたあとはWindowsVista以降のパソコンの場合「エラー回復処理」という画面が表示されますので、たまたまフリーズしただけであれば「Windowsを通常起動する」を選択しても構いません。
しかしこのフリーズが慢性的に発生する場合はフリーズの原因を根本から解決しなければなりません。その場合、いつも同じソフトを起動したときにフリーズしてしまうようであれば、別のソフトに変更したり、バグ修正済みの最新版にアップグレードすることで、マウスカーソルが動かないという症状を解決できる可能性があります。
それでも直らない場合は、Windowsの「セーフモード」を立ち上げ、安定して動作するかのチェックをしてみるのも有効です。セーフモードを立ち上げるには、まずパソコンの電源を入れる時に[F8]のキーを押しっぱなしにします。そして「詳細ブート・オプション」を立ち上げるやり方です。その画面から〔セーフモード〕を選択すれば、セーフモードへ移行するころができます。
しかし、慢性的なフリーズの場合は、ほかにも状況によって異なる原因が考えられますので、分からない場合はパソコンの修理ができる業者へ相談してみるとよいと思います。
(3)マウス本体に問題がある

ワイヤレスマウスを使用していてマウスカーソルが動かない場合は、マウス本体の電池が切れていないか確認し、もし電池切れであれば電池の交換をしましょう。
次にUSB接続のマウス受信機が外れていないか確認し、外れていたら接続しなおします。さらにコードがついているマウスの場合も同じように、接続箇所を確認し、緩んでいればしっかりと差し込んで接続し直しましょう。
また一度外れたUSB接続機器を、前回と同じポートにすぐ接続しなおした場合、うまく認識されないことがあります。その場合は別のUSBポートに差し替えてみましょう。もしくはいったんパソコンの電源を切ってから、USBの接続をして、そのあとでパソコンを起動すると、マウスの動きを認識するようになる可能性があります。
さらにUSBポートに接点不良が起きている場合や、ソフトウェア上のトラブルが発生している可能性もあります。その場合も同じUSBポートに接続しても、改善されない可能性が高いです。その場合は綿棒などに「接点復活剤」を塗り、端子部分を掃除するとマウスカーソルが動かないという症状を改善できる可能性があります。
一方、ボール式マウスを使っている場合は、マウスの内部にホコリが溜まったことによって不具合を起こしている可能性が高いです。その場合はマウスを裏かえしてボールを取り出し、溜まったホコリを綿棒などを使って取り除きましょう。
(4)マウスが故障している

色々ためしてもマウスカーソルが動かないという状況が改善しない場合は、ケーブルが断線していたり、マウス本体や受信機が故障してしまった可能性があります。その場合は、デバイスマネーシャを起動して見ることで、何らかのエラーが発生しているか、もしくはデバイス事態を認識していないなどの確認をするのが有効です。
一方でマウスが故障しているかの判断が出来ない場合は、ひとまず手ごろな値段のマウスを購入して、正常に作動するか試してみるのも良い方法だと思います。
(5)ワイヤレスマウスの同期

ワイヤレスマウスを使用している場合は、本体とUSBレシーバーを同期させなければなりません。マウスの裏側や電池を入れる部分に備え付けられている小さな「CONNECTボタン」を、ボールペンやつまようじの先端で1秒ほど押しましょう。そしてマウスの「CONNECTボタン」を押してから30秒以内に、USBのレシーバーのボタンを押します。この手順で、本体とレシーバーの同期が完了し、正常に作動するようになると思います。
(6)USBセレクティブサスペンド

USBセレクティブサスペンド(USB機器の節電機能の一つ)が作動して、使用していないUSB機器の電源を自動で切ってしまった場合は、USBせれくてぃぶサスペンドの機能を無効にすることで解決できます。手順はスタート→ポログラムのファイルの検索→「電源オプション」と入力する→電源オプションが表示されたらクリック→「コンピュータがスリープ状態になる時間を変更」をクリック→「詳細な電源設定の変更」をクリック→メニューの中から「USB設定」→「USBのセレクティブサスペンドの設定」→「設定」→「無効」を選択→「適用」→「OK」で、設定は完了です。
マウスカーソルを動かすための方法
タッチパッドを触っても動かない場合

ノートパソコンを利用している場合、マウスの代わりにタッチパッドやトラックパッドを利用している方も多いでしょう。しかしパソコンのタッチパッドを触っても、マウスカーソルが正常に動かない場合があります。
その原因として何かの拍子にタッチパッドの設定がOFFになった可能性があります。使用しているパソコンのメーカーによって設定方法が異なりますので、各メーカーの「タッチパッドの有効・無効の切り替え方法」を調べて設定することで改善する可能性があります。
一方で、設定はタッチパッドの設定は正常なのに、マウスカーソルが動かないという場合は、タッチパッドそのものが故障している可能性や、タッチパッドを動作させるドライバが故障した可能性が考えられます。その場合の対処方法は素人には大変な作業ですので、パソコンの修理ができる業者に依頼することをオススメします。
パソコンのおすすめサービス
まとめ

ここまでマウスカーソルが動かない場合の原因や対処方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?原因となる障害物を取り除いたり、ホコリを掃除したり、電池を交換するといった対処方法は「意外と簡単だな」と感じられた方も多いと思います。
一方でパソコンにはあらゆる個人情報がつまった大切な財産のひとつですから、パソコンの調子が悪い時などは「下手に触らず、プロの業者に頼みたい」と考える方もいらっしゃると思います。そんな時は無理せず、信頼できる業者に見積りをとることからはじめてみてはいかがでしょうか?