新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

ノートパソコンでPS4を遊ぶための3つの方法

PS4は、これまでのプレイステーションシリーズよりもさらにグラフィック性が向上し、インターネット上でのプレイがやりやすくなった最新ゲーム機です。 しかしテレビのディスプレイで出力することから、携帯ゲーム機のように持ち運ぶことが難しいというデメリットがあります。そこでおすすめしたいのが、ノートパソコンでPS4ができるという一体型ゲーム機です。

ノートパソコン型ゲーム機「PLAYBOX」

テレビなどのディスプレイ上に本体と接続して画面を出力する必要があるPS4やXboxは、テレビがある部屋でしか気軽にプレイすることができない点が悩みでした。

また、ゲーム本体を入れ替える場合はテレビとの接続を付け替えればならず、手間が多いという点もあり、面倒な部分があります。

しかし、このPLAYBOXは、22インチのディスプレイを搭載したノートパソコン型ゲーム機であり、この中にPS4とXboxOneを組み込んだという異質な商品なのです。

本来のノートパソコンであれば、キーボードがはめ込まれている部分に、PLAYBOXのロゴが入っているというデザインで、内部にはそれぞれ2つのハード機、基盤が搭載されています。

また、冷却ファンも内蔵しており、長時間プレイしても熱がこもりにくい設計となっています。

ノートパソコンの後ろ側には、イーサネットポートとHDMIポートがあり、どちらも一口ずつついていることで、PS4とXboxOneを両方動かすことができるように作られているのです。

ディスプレイへの出力そのものは、電源を入れた方のハードが自動で認識してくれるので、いちいちHDMIケーブルを差し替える必要がありません。

ただし、PS4とXboxOneを同時にプレイすることはできないので注意しましょう。

また、ノートパソコン型ではありますが、電源コードを差しておく必要があります。

今はまだ試作品の段階とのことで、非売品の製品ですが、改良に関して制作コストが非常にかかってしまうという問題点があります。

しかし、本当にPLAYBOXに興味のあるお客様がいれば、制作することも検討したいとのことで、興味のある人はメールフォームから問い合わせをしてみましょう。

PS4には、もともとリモートプレイが目玉機能として搭載されていました。

これはPS4で動く映像をネット上にストリーミング配信することができる機能であり、受信しているクライアント側からボタン操作を受けて遠隔で遊ぶという方法です。

先代にあたるPS3では、PSPでのリモートプレイが可能でした。

また、PS4ではPSVita、スマートフォンのXperia、そしてandroidのアプリとしてタブレットでのリモートプレイができるようになっています。

そこで、今回はこのPS4のリモートプレイをノートパソコンでできる非公式アプリ「RemotePlayPC」が発表されて話題を呼んでいるのです。

パソコン上でのプレイとのことで、マウスやキーボード入力に対応する予定です。

この「RemotePlayPC」は、約10ドルで販売する予定です。

プラットフォームを今後も拡大していくために、無償で提供というわけにはいかないようですが、ノートパソコンでリモート操作ができるようになれば、PSPやタブレット端末よりも大きな画面でPS4を楽しむことができます。

また、画面が大きいながらもパソコンを持って部屋を移動することができるので、リビング以外でも気軽にプレイできる点が魅力と言えます。

今のところ対応しているのはウィンドウズのみですが、ハイスペックパソコンである必要はありません。

現在から5年以内に発売されたパソコンであれば、ノートパソコンでも問題なく動作します。