新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

オーブンレンジの漏電対策 その原因と対策とは?

冷蔵庫や洗濯機、そしてオーブンレンジといった大型家電には、コンセントとは別にアース線がついています。では、このアースというのは何でしょうか?

一言でいえば、漏電による感電を防ぐためのものです。漏電とは、電気が本来の通り道を外れて流れてしまうことです。この道を外れた電気が人体を通ってしまうと、感電してしまい、最悪の場合は命を落としかねません。

本来、電気製品は、電気が漏れないように、電気の通り道、充電部分を塩化ビニールなどの絶縁物で覆っています。しかし、長年使っていると古くなって傷ついてしまい、漏電が起こるわけです。

また、何らかの原因でコンセントに水が入ってしまった場合でも、漏電は起こります。アースを設置しておけば、漏電している家電製品に人が触れても、漏電した電気がアースを取って外へ流れていくので安心です。

漏電による感電は、特に水回りにおいて危険なので、冷蔵庫や洗濯機にはアースが必要です。

また、200Vを使う電化製品においても必須となっています。オーブンレンジは、水回りで使うだけではなく大容量の電気を使うため、アース線がついているのです。食器洗浄機や温水洗浄式便座、乾燥機など、今では多くの家電製品にアース線はついています。

漏電が起こると、ブレーカーが落ちます。しかし、ブレーカーは一度に大量の電気製品を使って、電気供給の許容量を超えた時にも起こります。漏電していれば修理が必要ですが、一度に電気を使いすぎただけであれば、一度に稼働させるのをやめれば事足ります。では、その見極めは、素人にも可能なのでしょうか?

それは、ブレーカー(電気分電盤)の仕組みを知ることで、見極めることができます。ブレーカーは、一般的に左から「アンペアブレーカー」「漏電ブレーカー(漏電遮断器)」「安全ブレーカー(配線用遮断器)」に分かれています。近年は「アンペアブレーカー」がないブレーカーが主流です。

電気は、このブレーカーから、いくつかの回路を通じて各部屋に供給されます。その一つ一つの回路に対応しているのが「安全ブレーカー」です。このうちのどれかのブレーカーが落ちていれば、その個所の使用電気が許容量を超えているということです。


キッチンで炊飯器とオーブンレンジを同時に使用するなど、熱を発するものを一部屋で同時に使用すると起こりやすいです。その場合は、使用中の電化製品の電源を一度切って、数を減らすことで解決します。

「アンペアブレーカー」と「漏電ブレーカー(漏電遮断器)」は、回路に関係なく、家の中で一度に使用している電気量が、契約電流を超えた場合に落ちます。近年は電気製品が増えたため、中古マンションに引っ越した場合には電気工事店に来てもらい、契約電流をあげてもらう方も多いようです。

一方で「漏電ブレーカー」は、その名の通り、漏電の可能性がある場合に落ちます。これにより、漏電による感電や火災は未然に防ぐことができます。どの電気製品が漏電しているかは、以下の方法で確かめることができます。

①安全ブレーカーをすべて切ります
②漏電ブレーカーを入れます
③安全ブレーカーを順番に入れていきます
④漏電している回路の安全ブレーカーを入れた時に、漏電ブレーカーが落ちます

すべての安全ブレーカーを入れても漏電ブレーカーが落ちなかったとしたら、一度に複数の電気製品を使ったことが原因であるとも考えられます。漏電している回路がわかった場合は、それ以外の回路は使用しても問題ありません。何はともあれ、漏電していた場合は、速やかに電気工事店に来てもらいましょう。

 

漏電ブレーカーは、アース線が接続されていない限り、正常に作動しません。しかし、長年同じ家に住んでいる方や、中古住宅へ引っ越した場合など、充分な量のアース付きコンセントがない場合があります。特にキッチンの場合、冷蔵庫用のアース付きコンセントはあっても、オーブンレンジ、食器洗浄機、生ゴミ処理機など用のアース付きコンセントがないことはよくあります。


湿気や水気の多い場所でのアース接続は法律で義務付けられているため、本来なら電気工事店に来てもらい、アース工事をしてもらわなければなりません。しかし、アースをつけないまま、電子レンジを使用している方が多いのが実情です。一般的に事故になる可能性は低いといわれていますが、もしもの事故の時は、メーカーも保証してくれません。アースをつけないのは、自己責任なのです。

それでも電気工事店を呼ぶのは面倒くさい、お金がもったいないという方には、プラグ型の漏電遮断器がおススメです。いくつかの種類が出ていますが、大抵の場合はコンセントに差し込んで使用するタイプですので、簡単に安全が確保できます。

まとめ
漏電が感電死につながることは非常に稀なことですので、アースを繋がずにやりすごしている方は多いと思います。しかし万が一の時のために、安全対策は行っておきたいものです。大きな家電を購入した際には、一度電気工事店に相談してみるのもよいのではないでしょうか。