新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

性能倍々。M1 Pro・M1 Max搭載MacBook Pro発表 #AppleEvent

MacBook Proに関しては、本当にプロなアップデートを待ってました。つまり、さらなるパフォーマンスに、ちゃんと使えるポートがそろってるとか、そういうのを期待してたんですが、今回の新MacBook Proはその期待に応えてくれたみたいです。

新しい14インチと16インチのMacBook Proは、(多くの人には無用の長物だった)Touch Barを廃止し、クリエイティブな仕事のプロたちにとって必要なポートをしっかりそろえ、スクリーンはminiLEDになりました。さらに大事なのは、SoCチップがM1 ProとM1 Maxにバージョンアップしてることで、これらはIntel系のチップを完全に超えてます。もちろんほんとに超えてるのかどうかは今後検証していきますが、少なくとも謳い文句はそう言ってます。

M1がProとMaxに

まずMacBook Proの頭脳は、Apple最新のSoCであるM1 ProとM1 Maxが担ってます。どちらのチップも最大10CPUコア(高性能の8コア+高効率の2コア)を備え、画期的と言われるM1よりさらに70%高いパフォーマンスを実現しています。

M1 ProとM1 Maxの違いは、前者が最大16コアのGPUを内蔵することで、Appleいわくグラフィックス性能がM1の2倍、メモリ帯域幅は最大200GB/秒とM1の3倍近く、ユニファイドメモリは最大32GBです。5nmアーキテクチャのM1 Proには337億個のトランジスタが詰まっていて、それはM1の2倍です。Appleによれば、M1 Proのグラフィックス性能はMSI GP66 Leopardの最大7倍だそうです。

M1 MaxはM1 Proよりさらにプロで、メモリ帯域幅は最大400GB/秒とM1 Proのさらに倍、M1の6倍です。ユニファイドメモリは最大64GB、トランジスタは570個搭載。CPUが10コアなのはM1 Proと同じですが、GPUは32コアになり、M1のさらに最大4倍の速さです。Appleいわく、M1 MaxはRazer Blade 15 Advancedと同等のグラフィックス性能ながら、電力消費は40%少ないそうです。

今回の発表では、実際使う上でこのパフォーマンスがどう効いてくるかの例もありました。たとえば物体トラッキングのための動画解析はM1の最大5倍、ProResでの動画トランスコードはM1の最大10倍、それぞれ速くなるそうです。

ノッチはあるけどすごいディスプレイ次にデザインについても見ていきましょう。新しいMacBook Proは16インチと14インチの展開で、13インチモデルだけだった去年よりも充実感があります。16インチは厚さ16.8mmで重量4.7ポンド(約2.1kg)、14インチモデルは15.5mm・3.5ポンド(約1.6kg)です。

あとはTouch Barがついに廃止になって、物理的なファンクションキーが復活しました。あるべき姿に戻った感じがします。キーボードは黒で、巨大なトラックパッドを擁するシルバーのアルミに囲まれてます。

スクリーンは新12.9インチiPad Proと同じく、miniLEDになりました。ProMotionディスプレイなのもiPad Proと同じで、リフレッシュレートは最大120Hz、表示内容に合わせて上下します。スクリーンを囲むベゼルは3.5mmと極細になり、サイドは従来より24%、上部は60%細くなっています。Webカメラ部分にはノッチがあるんですが、ここは好き嫌い分かれるでしょうね。でもこのWebカメラが新iMac同様に1080pになり、今までよりもビデオ通話がきれいになるのは歓迎です。

音に関していうと、16インチMacBook Proは6スピーカー搭載で、ツイーター2つ、ノイズキャンセリングウーファー4つの構成です。これで低音が80%増量されてるとのこと。

でも多分プロにとって一番大事なのは、新MacBook Proにはポートがみんなそろってることでしょう。右側にはHDMIポートとThunderbolt 4ポート、SDカードスロットがあり、左側にはヘッドホンジャックとThunderbolt 4ポートふたつがあります。MagSafeも復活して、あの満足感ある充電体験が再び可能になりますが、引き続きUSB-Cでも充電可能です。ちなみにこのポート系の発表のときは、アダプター不要にしてやったぜ、的ドヤ感が漂ってて、今までは何だったんだと思わないでもなかったんですが、それはまあ、はい。M1 Pro搭載モデルでは、Pro Display XDRを最大2台、M1 Max搭載モデルではPro Display XDR最大3台と4KTV 1台を接続可能です。

新MacBook ProはバッテリーライフもMacBookとしては最大になり、14インチモデルは最大17時間、16インチは最大21時間です。さらに高速充電も可能になり、30分で最大50%までチャージできます。

そしてうれしいのは、本体サイズとチップの性能をそれぞれ選べることです。つまり14インチも16インチも、両方にM1 ProモデルとM1 Maxモデルがあるので、普通サイズで速いやつにもできるし、大きいサイズでそこまで速くないやつっていう選択肢もアリです。

いつ買える?

新MacBook Proは今すぐオーダー可能で、出荷は10月26日です。

気になるお値段は、14インチが1,999ドル(日本国内価格23万9800円)から、16インチモデルが2,499ドル(同29万9800円)からです。動機が早まるお値段ですが、ハイエンドなノートパソコンとしてはありえない価格でもなく、今回のパフォーマンス向上も考えるとたしかに…となりますね。何かと物入りな今年、どれから買っていけばいいんでしょうね…?


私たちの利点