新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

「Surface Neo」と「Surface Duo」が日本上陸? 新Surface発表会で国内初公開

日本マイクロソフトは2019年10月17日、都内でMicrosoft Surface Hub 2Sや協業するスチールケースの新製品、10月23日より発売するSurfaceファミリーを披露するプレスイベントを都内で開催した。Surface Pro 7をはじめとする各Surfaceデバイスの特徴は別記事で紹介するとして、本稿ではイベント全体の内容をレポートする。

○コラボレーションを可能にする「Surface Hub 2S」

日本マイクロソフトは2017年9月より協業を開催したスチールケースのオフィスを借りて、前半は「Microsoft Surface Hub 2S」やスチールケースの「Flex Collection」、後半は「Surface Pro 7」「Surface Laptop 3」といった製品を次々と披露した。2019年9月より日本市場に出荷開始したMicrosoft Hub 2Sだが、メディア向けにお披露目したのは今回が初めて。Microsoftは「日本の『働き方改革』に刺激を受けている。チームをエンパワーするSurface Hub 2Sを使えば、世界中どこでも(チームが)一体になる」(Microsoft CVP, Matt Barlow氏)と強調した。

MicrosoftはノートPCが登場し、オフィスデスクに固着する必要がなくなった時の開放感を例に挙げつつ、「(Microsoft Surface Hub 2Sをケーブルレスで使用すると)チームをフリーにさせる。会議室の予約も不要だ」(Barlow氏)と述べつつ、会議を始めるまでの準備が不用になるとデバイスの可能性を強調した。なお、オプションの「APC Chargeモバイルバッテリー(シュナイダーエレクトリックから2020年以降発売予定)」と「Steelcase Roamモバイルスタンド」にSurface Hub 2Sを搭載することでケーブルレスでの運用が実現可能。日本マイクロソフトの担当者によれば、2時間程度の連続稼働が可能だという。また、2020年初頭から85インチバージョンの発売を予定している。

○新Surfaceは「魔法の杖」

後半は日本マイクロソフト 執行役員常務 コンシューマー&デバイス事業本部長 檜山太郎氏がモデレーターを務めたパネルディスカッション形式で、新Surfaceファミリーに関する担当者インタビューを行った。以下にコンシューマーユーザーが関心を持つコメントのみを抜粋して紹介する。

---

檜山氏: 新製品発表会は驚いた。まずはニューヨークイベントへのコメントを。

Barlow氏: 大胆な発表だった。2-in-1から始まったSurface Proシリーズだが、Surface Pro Xは軽量で美しく、Surface Laptopも日本市場が好きな15インチをラインナップに加えた。AMDプロセッサーを搭載したSurface Pro Xもエキサイティングだ。

檜山氏: MicrosoftのミッションはSurface新製品に反映されているのか。

Barlow氏: 我々のミッションは製品やサービスを使ってエンパワーすること。ハードウェアとソフトウェアを融合させ、結晶化した最高の製品を皆さんに提供する。

檜山氏: Barlowの話を聞くと、ハードウェアがビジネスのコアになっているように聞こえる。

Barlow氏: ソフトウェアはビジネスの大部分を占めているが、以前からそうだった。ハードウェアは1980年代にWindowsによるGUIの実現で人々が効果的に働くようになったが、そこにはMicrosoftマウスの存在が大きい。現在あるソフトウェアを組み合わせることで、生産性と創造性は向上する。従ってハードウェアはMicrosoftは中核であり、Microsoft製ソフトウェアと組み合わせて創造的な活動を大きく支援する。

檜山氏: Microsoft Surfaceを開発する上でチームの文化や環境を教えてほしい。

Barlow氏: 私が本当に好きな文化は、プラスチックや金属片のデバイスではなく、「ソフトウェアの魔法の杖」として考え続けることだ。我々は顧客を夢中にさせ、デザインやソフトウェアについて考え、重要な細部を考えたり、デザインやニュースの観点から表面で何をするかを考えたりするのに役立つ製品を持っている。

Hill氏: 確かに。 Surfaceチームには驚くほど多くの人々がいる。我々は多様な経験とスキルを持ち、困難な問題に協力して取り組むと、「見えない答え」が見えてくる。チームワークとコラボレーション環境が私たちの文化を生み出しているということだ。

Escolin氏: Surfaceはチームは妥協しない。Surface Laptop 3のゴム製バンパー1つとっても数ミリ単位で検証し、ビジュアル性を担保している。

檜山氏: 顧客の使用スタイルや需要が変化している。その変化に対するソフトウェア&ハードウェア開発で意識している点は。

Barlow氏: 初代Surface Proはフレキシビリティ(柔軟性)が重要だった。Surface Bookになると(キーボードとディスプレイを)分離可能にし、Surface Studioはディスプレイを引き寄せて使用できる。Surfaceを選択してくれる顧客は「新しい仕事ができる」「魔法のように創造性を発揮できる」といってくれた。ペン&タッチをすべてのラインに提供したのは我々が初めてだ。コンテンツとタッチの未来、そして柔軟なデバイスの未来は非常に明るい。

Hill氏: ペンは好例だ。顧客がペンをどのように使用しているか観察・調査し、デジタルインクと多くのアプリケーション、ハードウェアまでを、より深く統合する方法を見つけた(結果をSurface Pro Xに実装している)。ペンをキーボードに格納&充電可能にし、一体感かつシームレスな体験を実現している。

檜山氏: 顧客の声を製品に反映するとのコメントがあったが、新製品に対して機能やデザインに盛り込んだ部分はあるか。

Escolin氏: 顧客からストレージを交換したいとのフィードバックをいただいた。その結果をSurface Laptop 3 13/15インチや、コンシューマー版Surface Pro Xに組み込んでいる。特に日本市場では15インチのSurface Laptopに対する需要が高いため、新しいフォームファクターとして市場が望んでいるものを提供した。

Hill氏: 素材も面白いと思う。Surface Laptopはファブリックを採用しているが、顧客と話したところ一部の環境では不適切な場面があったという。その声を受けて今回はメタリックを提供した。

Escolin氏: 音が重要であり、それが人間同士の相互作用に大きく影響を与える。我々はそのフィードバックを受け、すべての(Surface)製品にスタジオマイクを追加した。

檜山氏: なぜSurface Pro Xは薄く・軽くできたのだろうか。

Hill氏: 簡単なことではない。エンジニアが特定のパフォーマンスポイントを達成する製品を設計すること、デザイナーが適切なデザインをスケッチするのは非常に簡単だが、両者の中間点を見つけるのは本当に難しい。Surfaceチームのハードワークに誇りを持っている。

Escolin氏: 半分冗談だが、デザイナーがエンジニアになり、エンジニアがデザイナーになることもありうる。我々は1つの目標に向かってチームワークを高めた。

檜山氏: 開発プロセスとテストについて聞かせてほしい。

Hill氏: 信頼できるサポートチームとレドモンドに大量なリソースがあることは非常に幸運だ。アイデアをスケッチし、スケッチから試作機を設計して、キャンパスでテストできる。たとえばヒンジの耐久度をその場で確認し、リアルタイムに反映可能だ。

檜山氏: デザインをまとめるのは大変な作業だが、チャレンジはあったか。

Hill氏: 1例を挙げれば、Surface Laptopシリーズが1本指で開くことができるかだ。コンセプトは単純だが、設計、エンジニアリング、製造に必要な詳細は比較的複雑である。製造ラインでは各ヒンジのトルクを測定し、スクリーンを近づける磁力も測定・調整した。

Escolin氏: Microsoft Surface Earbudsを実現するため、ツイストロック機能を考案した。耳の中でホバーリングし、フィットする仕組みとなる。詳細は後日共有したい。

檜山氏: Surface Laptop 3では、新色としてサンドストーン(メタリック)を追加している。その背景を聞かせてほしい。

Escolin氏: 第1に私はサンドストーンがエレガントで大好きだ。だが、色には個人的背景がある。今回はニュートラルな色を意識し、ワードローブに包まれるようなライフスタイルに溶け込むことに焦点を当てた。

檜山氏: エンジニアからも追加した背景を聞かせてほしい。

Hill氏: 特に日本の顧客からのフィードバックを重視した。他の15インチモデルPCを見ると比較的重く、そして厚い。デザインの努力が必要だった。Surface Laptop 3は適切なパフォーマンスとフィットネス、そしてスクリーンサイズを活用可能にするためのエンジニアリングの設計と努力を持ち込んだ。

檜山氏: Microsoft Surface Earbudsの新しい機能は。

Barlow氏: 私はエアーフライト中にAndroidデバイスで音楽を聴くために使用しているが、優れているのはタッチコントロールを備えている点。Office 365との統合時はさらに強力だ。ニューヨークのイベントでも、2つのマイクが私の声を拾い、プレゼンテーションの内容をAIが60カ国語に翻訳して字幕として表示させた。次回は通訳をお願いせずに1人で語れるかもしれない(笑)。

Hill氏: センサーとマイクを小さな美的パッケージに統合することは、設計とエンジニアリングの両方の挑戦であり、多くの「魔法の可能性」を解き放つ。

Escolin氏: Matが語ったとおり、ジェスチャー機能だ。Spotifyと提携し、キュレーションされたプレイリストを再生でいる。基本的にミニコンピューターがユーザーの耳の中にあるようだ。 より多くの開発者が次の段階に移行するのを楽しみにしている。

○本邦初公開の「Surface Neo」「Surface Duo」

檜山氏: Surface Neo/Surface Duoの発表は日本マイクロソフト社内でも反響があった。なぜこのタイミングに発表したのか。

Barlow氏: まったく新しいモバイルの創造性を設計するためだ。ゴリラガラスを採用した薄型LCDパネルが360度ヒンジにつながり、コンパクトなデバイスとなる。今回はOSを搭載していない試作機だが、日本で初めて披露しよう。

Barlow氏: Windows 10Xは互換性のある周辺機器やマウスが使用可能だ。デュアルスクリーンは約44%の生産性向上を実現するといわれている。これがポケットに収まるように設計された最初のSurfaceデバイスだ。「なぜAndroid?」と問われるかもしれないが、我々は顧客が望むものを提供したい。リリースを1年後に設定した理由は、開発者から要望だ。彼らは(Surface Duoが)マジカルであることを理解している。1年後の出荷を楽しみにしたい。

この後はビジネスユーザーや法人顧客に関する質問が続くため割愛するが、筆者の関心はSurface Pro 7 LTE Advanceの存在だ。もちろん、現時点でそのようなSKUは存在せず、Microsoftの見解も「Surface Go LTE Advancedや第5世代のSurface Pro LTE Advancedが選択肢」(Barlow氏)だった。これは2020年1月発売予定のSurface Pro Xと競合しないための戦略ではないかと筆者が見ている。