新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

IoTセキュリティの基本と対策 – 知らない間に攻撃されていた・していたを防ぐ

IoTのセキュリティに対する懸念や不安が指摘されて久しいですが、それでは実際にどうすれば良いのか疑問をお持ちではありませんか?現在お手持ちのIoTデバイスがセキュリティ上どういう状況にあるのかを知りたいという方もおられると思います。

「モノのインターネット」と訳されるIoTには無限の可能性がある一方で、ネットに接続している意識があまりないままに情報通信が行われるため、セキュリティへの意識も希薄になりがちです。そこを突いた攻撃事例も報告されており、今後さらにIoTのセキュリティが大きく注目されることとなるでしょう。

この記事ではIoTのセキュリティに関する基本的な情報から主要なリスク、そしてセキュリティ上心がけたいポイントを解説しています。「知らない間に攻撃されていた/攻撃していた」ということがないよう、ぜひ最後までご覧ください。

1-1.IoTとは
最近になってますます見聞きすることが多くなったIoTとは「Internet of Things」の略です。これを直訳すると「モノのインターネット」という意味になり、パソコンやスマホなど本来インターネットを利用するデバイスだけではなく、家電や自動車などがインターネットに接続される社会のことをいいます。

特定通信・放送開発事業実施円滑化法という法律ではIoTについて言及されており、同法によるとIoTとは「インターネットに多様かつ多数の物が接続され、及びそれらの物から送信され、又はそれらの物に送信される大量の情報の円滑な流通」であると定義されています。

ここでいう「多様の物」とは、先述のように家電や自動車、住宅、監視カメラなどもともとはインターネットに接続することが想定されていなかった機器類を指します。パソコンやスマホと区別する意味から、こうした機器類のことをIoTデバイスと呼びます。

なお、スマホはもともと携帯電話だったものがインターネット利用端末へと進化したので、広義にはスマホもIoTデバイスと言えます。

1-2.近年のIoT事情
IoTデバイスの普及は急速に進んでおり、総務省の調査によると2020年には全世界で約530億ものIoTデバイスがインターネットに接続され、利用される見通しとなっています。その後もIoTは拡大を続けていくと見られているため、IoTをめぐるセキュリティ確保は、その重要性がますます高まっています。

ネットに接続するデバイスである以上、IoTデバイスはパソコンやスマホなどと同様にネット上の脅威に対するセキュリティを確保する必要があります。

2016年の時点ですでにマルウェア報告も実際に出ており、IoTデバイスが攻撃されるのではないかという懸念はすでに現実のものとなっています。

詳しくは後述しますが、IoTデバイスへの攻撃としてよく見られるのがボットネットへの組み込みです。ボットネットとはマルウェアに感染したデバイスが攻撃者の意向に沿って操作されてしまい、DDoS攻撃などの攻撃に加担させられる仕組みのことです。機能的にIoTデバイスにも同様のことが可能であるため、攻撃者はパソコンやスマホなどと同様にIoTデバイスを攻撃対象と見なしています。

ボットネットやDDoS攻撃に関する詳しい解説は、「ボットネットとは?知らぬ間に犯罪行為に加担させられないための対策方法」「加害者にならないために – DoS/DDoS攻撃の違い、基本と対策」をご覧ください。

1-3.主なIoT機器
現在普及が進んでいる主なIoT機器としては、住宅、家電、監視カメラ、自動車などが挙げられます。住宅にはHEMS(Home Energy Management System)というエネルギー利用を最適化するシステムを搭載したものがありますが、このHEMSは住宅内のエネルギーを管理するコンピューターシステムとしてインターネットにも接続されるため、代表的なIoT機器のひとつです。

家電としては冷蔵庫や洗濯機、エアコン、オーディオ機器などがあります。これらは全てインターネットに接続され、最適な使用モードの選択や省エネなどに活用されています。

IoTとしての機能を備えた自動車はコネクテッドカーと呼ばれ、交通、気象、渋滞情報などをネット経由で収集し、それをドライバーの運転だけでなく自動車を制御するためにも役立てるなどの使い方があります。

1-4.IoTに求められるセキュリティ意識
これまでインターネットに接続されることがなかった「モノ」が、IoTによって新しい機能を持つことができるわけですが、ネットを利用する以上はパソコンやスマホなどですでに認識されているものと同じリスクがあることを忘れてはいけません。

次章で詳しく解説しますが、IoTデバイス特有のリスクも指摘されており、IoTを利用するにあたってはセキュリティ意識が欠かせません。