新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

突然表示されたアダルトサイトの請求画面で詐欺被害に遭わないための対処法

突然、アダルトサイトの請求画面のような画面が表示されて、そこには今すぐお金を振り込むように書かれていてお困りですか?または、そうした画面を閉じたにもかかわらず何度も表示されて削除することができずお困りですか?

こうした一連の現象はワンクリック詐欺である可能性が高く、不安を煽るような文言や個人情報を取得しているかのような情報を表示することによって、お金を騙し取る手口です。不安のあまりお金を支払ってしまったり、連絡を取ってしまうのは攻撃者の思うつぼなので、まずはこの記事で解説する情報をもとに、冷静かつ適切に対処してください。

正しい情報をもって対処すれば、決して必要以上に恐れる必要はありません。

1.アダルトサイトの請求画面が突然表示されたら、まずすること
1-1.請求画面の正体
身に覚えがないのに突然アダルトサイトらしき画面が表示されて、しかも指定期日までに会費や退会費を支払うようにといった請求画面が表示されることがあります。身に覚えがないというのは、規約の確認画面や正式な入会申し込みボタンなどを操作した心当たりがないという意味です。

そういった心当たりがないのに表示されているアダルトサイトの請求画面は、ほぼワンクリック詐欺などの架空請求であると考えて良いでしょう。

adult-site-invoice-01

1-2.請求には決して応じない、連絡しない
このような請求画面の特徴として、期日が迫っていることや支払わなかった場合のペナルティ(自宅や職場に督促に行く、裁判所訴えるなど)を示唆するような文言が含まれているので不安になりがちですが、請求に応じる必要はありません。

また、連絡を求めるような内容になっていることもありますが、連絡もしてはいけません。なぜなら、連絡をすることによってさらなる詐欺被害が発生する可能性と、電話やメールなどで連絡をすることでこちら側の個人情報が漏れる恐れがあるからです。

身に覚えのないアダルトサイトの請求画面が表示されたら、「応じない、連絡しない」が基本であることを押さえておいてください。

1-3.何も操作せず請求画面を閉じる
表示されているアダルトサイトの請求画面らしきものは、そのまま何も操作せずに閉じてください。請求画面の中に「閉じる」というボタンがあったとしてもそれをクリックするのではなく(偽物のボタンである可能性があるため)、ブラウザの閉じるボタンで閉じてください。

開いたままにしていると誤って請求画面内のリンクをクリックしてしまったりする可能性があるので、興味本位でいつまでも開いたままにしておくのは得策ではありません。

理由は後述しますが、請求画面を閉じた後は無視をしても問題ありませんので、さっさと閉じてしまってください。

1-4.請求画面を無視しても問題ない理由
1-4-1.請求されている「契約」は無効
アダルトサイトの請求画面らしきものが表示されたとしても、身に覚えがないのであればそこに表示されている「契約」は無効です。その根拠となる1つ目の法律が電子消費者契約法で、この法律では「契約者自身による申し込みの意思があること」と、「内容に間違いがないかを確認、訂正できる過程」を設けることを義務付けています。

それがない場合は契約そのものが成立していないので、いきなり表示されたアダルトサイトの請求画面というのはこの過程を経ておらず、法的に無効です。

もう1つ、これと似た規定をしているのが、特定商取引法です。第14条に「顧客の意に反して契約の申し込みをさせようとする行為の禁止」という規定があり、アダルトサイトの請求画面を騙る手口は違法行為に当たります。

この2つの法律を根拠に、アダルトサイトの請求画面らしき架空請求は無視をしても問題がないことになります。

この2つの法律とワンクリック詐欺の詳しい関係については「無視でOK|ワンクリック詐欺は相手にしないことが最適手段」にも詳しい解説があります。

1-4-2.個人の特定には至っていない
請求画面の中には、「個人情報」と称してアクセスしている人が使っているOSやアクセスしているリモートホストなどの情報が表示されています。これらの情報は自分に該当するものなので、これを見ている人の中に「自分の個人情報が取得されている」と思ってしまう人がいても不思議ではありません。

これが攻撃者にとって最大の狙いで、不安を煽ることでお金を振り込ませようとする常套手段です。ここに表示されている「個人情報」は環境変数と呼ばれるもので、インターネットに接続する際に相手方が取得できる範囲の情報にすぎません。これらの情報だけで個人を特定することは不可能なので、請求画面を無視しても問題はなく、請求画面に書かれているような「取得した個人情報に基づき会社や自宅に督促を行う」ということも不可能です。

adult-site-invoice-05

1-4-3.警告音、シャッター音、バイブ振動はただの演出
アダルトサイトの請求画面が表示されている時、警告音のような音が鳴ることがあります。スマホからのアクセスであればシャッター音やバイブ振動を伴うこともあります。

画面の表示だけでも不安になる人がいるのですから、警告音などの音によって煽られる不安は計り知れません。特にスマホからのアクセスでシャッター音が鳴ったら、自分の写真が撮影されているのではないかと思ってしまい、より大きな不安を感じることになります。

アダルトサイトの請求画面を表示する際に、こうした音を鳴らすことは技術的に可能です。つまりこれらの音は不安を煽るための演出であり、シャッター音が鳴っているからといって写真を撮られているわけではありません。

請求画面だけでは不安を感じない人に対して、あの手この手で脅してきている手口にすぎないので、こうした音が鳴っても慌てず画面を閉じて無視を決め込んでください。

1-5.気になる場合、不安を感じた場合の相談先
これまでの解説のように、アダルトサイトの請求画面を騙るワンクリック詐欺については基本的に無視で問題はありません。しかし、「それでも何か言ってきたらどうしよう」と不安になることもあるかと思います。

その場合は、以下の窓口に被害の相談をすることができます。

⇒ 都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

⇒ 消費者ホットライン(国民生活センター)

2.アダルトサイトの請求画面を削除できない時の対処法
アダルトサイトの請求画面を閉じても再び表示されたり、デバイスを再起動したのに表示されるというような場合があります。該当しそうなアプリを削除しても表示を消すことができないということもあります。

こうした場合は、請求画面を表示するためのプログラムのインストールやマルウェア感染などが疑われます。その際の対処法は、以下の通りです。

2-1.【パソコン、スマホ共通】セキュリティソフトで駆除する
主要なセキュリティソフトには、こうしたアダルトサイトの請求画面を表示させるような悪意のあるプログラムを削除できる機能があります。まずはそういったものがデバイス内にないかどうかをスキャンによってチェックをして、検出されたらセキュリティソフトの指示に従って駆除しましょう。

この場合、有名な有料のセキュリティソフトを入れてチェックすることを強く推奨します。

なぜならば、Windows Defenderをはじめとする無料のセキュリティソフトは最低限の機能しか搭載されていないものもあり、状況によっては有料のものでしか削除できないものがある可能性があるからです。

以下が無料体験版を用意している代表的なセキュリティソフト一覧です。これらの有料版セキュリティソフトは体験版であれば製品版と同等の機能が無料で使用できるので、まずはこうした無料版を試してみてはいかがでしょうか。

【パソコン】

セキュリティソフト名 体験版日数
ノートン セキュリティ(Mac版含む) 最大60日間
カスペルスキー インターネットセキュリティ 30日間
マカフィー インターネットセキュリティ 30日間
ウイルスバスター クラウド 30日間
Windows Defenderを除くノートン以外の製品をご使用の場合は、体験版をインストールすることは出来ませんがノートン セキュリティスキャンを無料でお試しいただけます。ノートン セキュリティスキャンは他社製品との共存が可能なWindows用の無料スキャンツールで、マルウェアに感染していないかどうかのチェックを手軽に行う事ができます。

セキュリティソフト名 使用可能日数
ノートン セキュリティスキャン 無期限
【スマホ】

モバイル セキュリアプリ名 体験版日数
ノートン モバイルセキュリティ 30日間
カスペルスキー インターネットセキュリティ 30日間
マカフィーモバイルセキュリティ&アンチウイルス 14日間
ウイルスバスター モバイル 30日間
2-2.【パソコン】デバイスを復元して問題発生前に戻す
WindowsやmacOSには、それぞれ復元機能があります。あらかじめ設定をしている場合、定期的にOS全体のバックアップを保存しています。アダルトサイトの請求画面を表示させるようなプログラムがインストールされてしまって削除できないという場合、OSごと問題発生前の状態に戻すという方法で解決可能です。

【Windows】
あらかじめバックアップされている復元ポイントにWindowsの状態を戻すには、以下の手順で復元ポイントのウインドウを開きます。

Windowsボタンを右クリック→「システム」を選択→左メニューにある「システムの保護」を選択します。