新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

ガラステーブルの上でも使えるマウス3選!旅先でも場所を選ばない!

マウスは、パソコンの画面操作の際に欠かせない周辺機器です。 現在さまざまな種類のマウスが発売されていますが、これまでは難しかったガラステーブルなどの鏡面仕上げのテーブルの上でも使うことができるマウスが話題を呼んでいます。 また、マウスは白いテーブルや紙の上では反応がイマイチでしたが、現在多く発売されているレーザー式マウスでは、これらの問題点が解決されました。 旅行先やカフェなどのガラステーブルでパソコン作業をする機会が多い人にぜひおすすめしたいマウスを紹介します。

今までのマウスについて

■ボール式マウスが一番最初に登場
そもそも日本の一般家庭でパソコンの導入が盛んになった時期に主流だったのが、ボール式マウスです。これはマウス下部に取り付けられたボールが転がることによって、センサーが感知する機構でした。

■その後光学式マウスも登場
その後1999年ごろに登場したのが、「ボールがないマウス」です。これは赤色LEDが使われている「光学式マウス(REDLEDマウス)」として、一般ユーザーが使うマウスとして長い間主流として扱われてきました。

低価格帯で購入できるものも多く、ボール式よりも小型で軽量であるためパソコンメーカーの付属マウスとしてもよく見られます。

■光学式マウスはうまく読み取れない面がある
この光学式マウスは赤色LEDの反射した光をセンサーが読み取ることで移動量を検知するという原理です。そのため、細かい模様のある面での操作に適していますが、光沢のある面や白い面ではうまく読み取ることができないという弱点があります。専用のマウスパットを使えば、特にデメリットもなく快適な使用が可能です。

しかし、ノートパソコンなどの持ち歩くパソコンの場合、仕事柄カフェや出張先のホテルなどで操作を行う機会が多い人もいます。その時に、マウスパッドをいちいち持ち歩いていることは面倒に感じてしまいますよね。

特にカフェやビジネスホテルの客室では、ガラステーブルが採用されているところも多く、光学式マウスでは思うように読み取りができずに操作に手こずる恐れがあります。

■MRレンズ 光学式マウスの登場
そこで登場したのが光学式マウスの改良版である「MRレンズ光学式マウス」です。基本原理は光学式マウスと大差ありませんが、センサーの読み取り効率を上げて、より高感度になったマウスです。

これによって赤色LEDでは読み取れなかった、ガラステーブルなどの光沢面、プラスチックのような透明面、木目調の表面でも操作することができるようになりました。

ノートパソコンを持ち歩いて、さまざまなテーブルの上でマウスを利用する機会が多い人は、ぜひMRレンズ光学式マウスを使って快適なマウス操作を行いましょう。これから3つおすすめのMRレンズ光学式マウスをご紹介いたします。

場所を選ばずに使える
これまでの光学式マウスや通常のレーザーマウスでは使えなかったガラステーブルの上でも、スムーズなカーソル操作を可能にしたレーザートラッキングマウスです。マウスを使用する面のわずかな凹凸もロジクールDarkfieldレーザートラッキングが読み取るので、あらゆる面でトラッキングが可能です。

ホテルの部屋にあるガラステーブルや、光沢ラミネート面のほかに、電車や飛行機の座席にあるトレーテーブル、ジーンズなどの衣服の上でも使用ができます。専用のキャリングケースが同梱しているので持ち運びも便利なワイヤレスマウスです。

USB Unifyingレシーバーを使えば、一つのレシーバーで複数のマウスやキーボードを使うことができるため、USBポートが一つで済みます。

場所を選ばないかつ多機能
最新のレーザートラッキング技術によって、ピカピカした漆塗り面やプラスチックテーブルの上でも快適な操作ができる多機能マウスです。左側面がえぐれており、右手がフィットするようにデザインされています。

■便利な機能が多い
ホイールの下側中央には、スクロール方式の切り替えボタンがついており、高速スクロール方式の選択が簡単にできます。

マウスのサイド部分には4つのボタンがあり、それぞれ「進む」「戻る」「ZOOM(ズーム)」「アプリケーションスイッチャ」の役割を担っています。ウェブサイトの閲覧中にボタン操作のみで画面を切り替えることができるため、非常に便利な機能です。

そして「アプリケーションスイッチャ」は、ボタンを押せば開いているウインドウが縮小表示されて、それぞれが重ならないように画面に並ぶことができる機能です。そのため、複数開いているウェブページの中から今見たいページを瞬時に見つけやすく、切り替えが簡単です。

低価格であり超高感度
BlueLEDセンサーを搭載したことで、ガラステーブルや透明シートの上でも使える超高感度マウスです。

サイドにはウェブブラウザ専用の「戻る」「進む」ボタンが搭載されており、手元のボタンで操作がサクサクできるので作業効率を大幅にアップすることができます。

最大10メートルまで無線通信が可能な高性能2.4GHz周波数帯が採用されているので、パソコンからの距離や位置を気にせずに操作ができます。6種類のカラーラインナップを展開しているため、ぜひ自分の好みのカラーを選びましょう。

いかがでしたでしょうか?
これまでの光学式マウスでは、ガラステーブルなどの透明面や、ツルツルした光沢面では赤色LEDが反応せずに操作をすることができないという弱点がありました。

しかし、光学式マウスを改良したレーザー式マウスやBlueLEDマウスなどのMRレンズ光学式マウスでは、読み取り効率を上げたことで、これらのテーブルの上でもカーソル操作が可能になったのです。

特に出張や出先でのパソコン操作をする機会が多い人は、高感度マウスを使うことで外出先でも快適にパソコンを使うことができます。ぜひ自分のライフスタイルに合ったマウスを見つけて、パソコンでの作業の効率をアップさせましょう。