新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

携帯電話が水没してしまったら……慌てずに行動するべき対処法

いつも肌から離せないのがiPhoneなどのスマートフォンや携帯電話。しかし、ポケットに入れていてうっかりトイレで「ボッチャン!」なんて経験は誰にもあるものです。そんな時は慌てずに適切な対応をとることが大切です。もしかするとその携帯電話、助かるかもしれません。もしもの時に備えて携帯電話などの電子機器が水没した時の対処法を見ていきましょう。

絶対、ダメ! すぐにスイッチを触ってはいけない
大事な電子機器が水没してパニックになるのは分かります。しかし、慌てて触ると機器が壊れるだけでなく、感電してしまう危険性もあります。電源を入れる前であれば回線に電気は流れず、一番の問題になるショートも起きません。まずは落ち着いて静かに水中から拾いあげましょう。
またその際に、スイッチが入ったままのこともあるでしょう。しかし、ここでもスイッチを切ろうとしないでください。それがさらなるショートの原因になることもあるので、まずは慎重に行動することが大切です。

まずは慎重にバッテリーを抜く
水中から拾い上げたら、最初に行うのが電源となるバッテリーを取り除くことです。電気の元を絶ってしまえば感電やショートも起きません。しかし、だからこそ一番慎重に行うべき作業でもあります。濡れている電源を下手に触れば感電する危険性もあります。ショートが起きて大事な回路やパーツを焼いてしまうこともあるでしょう。
起動状態にあった場合には通常、電気は流れています。くれぐれも、電源の接点には触れないようにしましょう。作業の際には必ず、ゴム手袋をつけるようにしてみてください。乾いたタオルで拭きながら、接点同士が水や濡れた手でつながらないように注意してください。

内部まで浸水している可能性は少ない
電源が外した時点で、現状から悪化することは少なくなります。今の電子機器は精密に作られているので、ちょっとやそっとの水没では内部まで水が浸入していないものです。だから、周囲をよく拭いて乾かせば問題なく機器は動くといえます。起動したままだった場合には、無事である可能性も高まります。ただ、軽く見ただけで浸水していなさそうだと思い、スイッチを入れてそのまま使うと危険です。見えない部分で浸水している場合もあり、やはり感電や故障の可能性も出てきます。くれぐれも、慎重に判断してください。

本当に浸水していない場合や起動したままだった場合でも、水気を帯びていることはありますし、万が一に備えてしっかり乾燥させてから使うようにしたほうがいいでしょう。浸水していると判明したら、無水エタノールで洗う
確認してみても、浸水していそうであれば覚悟を決めましょう。つまり「壊れていないものを修理によって壊すかもしれない覚悟」です。実は浸水していなかった場合、この作業によって壊れてしまう可能性もあるのです。この時点で電気機器の修理店に持ち込むのもアリです。
自分で直す場合には、無水エタノールで機器をしっかり洗ってみましょう。無水エタノールはその名の通り「水を含まないエタノール」のことです。実際は99.5%以上の濃度を持つエタノールで、高い洗浄力と揮発性があるため、洗った後も汚れが残りにくく回路の酸化も防げるといった特徴があります。
洗う時にはホコリや汚れが残らないように入念に洗いましょう。故障の原因になるのは触れてはいけない回路をつないでしまうホコリやゴミ、水に含まれている化学成分などだからです。せっかく洗っても、汚れやゴミが残ってしまえば元も子もありません。しっかり洗い流してみましょう。

もちろん、バッテリーを洗ってはいけません! それこそ感電や爆発の危険を生む最大の要因です。バッテリーはきちんと新しい物を用意してください。

一番大事なのはしっかり乾燥させること!
よく洗ったら後は十分に乾かします。中途半端な乾かし方では、最初に水没した時と同様にショートの原因になるので時間をかけて乾かしましょう。カメラのレンズなどは時間をかけて乾かすと汚れや湿気・カビなどが問題になる場合もあるので、ドライヤーで乾燥させるのもいいでしょう。ただ、その場合でも外観から見て湿気が取れたからと安心せずに、内部まで乾燥させることが大切です。風通しのいい場所で天日干しをするなど、念には念を入れた作業を行うようにしてください。

完全に乾燥したら、起動してみましょう
完全に乾燥したら、バッテリーを入れます。どこまで慎重になってもダメなものはダメですし、汚れや水分が残っていれば壊してしまう可能性はあります。覚悟をしてスイッチを入れてみてください。
この段階で起動しなければあきらめましょう。起動したとしても、後々不調になることもあるため新しく買い替えるまでのつなぎとして使用するのがいいかもしれません。しかし、大事なデータなどを取り出すためには有効な手段でもあります。水没してしまったけど、どうしても手放せないと感じる電子機器に対しては、復活できるか挑戦してみるのもいいかもしれません。作業の際にはトラブル防止のために、しっかりとゴム手袋をつけて作業を行ってください。