新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電気コンロは大丈夫?電磁波から身体を守るためにできること

最近はオール電化住宅が増えていますが、そこで問題となっているのが電磁波です。電磁波は身体に悪影響を与えると言われていますが、現在の日本ではそれを証明するような規制がないのも事実ですよね。そんなオール電化の標準装備であるIHコンロの電磁波を懸念する人々が今注目しているのが電気コンロ(ラジエントヒーター)ですが、果たしてこちらは本当に大丈夫なのでしょうか?

電磁波とは

電磁波=電波
電磁波と言うのは、一般的に言う「電波」のことです。スマホで通話している時に途切れたりすると、この場所電波悪いからかけ直すよという言葉を聞きますが、まさにその電波が電磁波なのです。

電化製品のコンセントを差した時点で、たとえ電源が「OFF」になっていても電気コードには電圧がかかって、その周りは「電界」に包まれます。そして「ON」にするとコードに電流が流れ、その周りは「磁界」に包まれます。この2つがお互いに作用しあって、空気中を波のように伝わっていくのが「電磁波」です。

■全く電磁波の影響を受けないことはできない
つまり電気の通っているところには必ず電磁波が存在し、電化製品を使えば電磁波が発生するので、現代の生活で全く電磁波の影響を受けないようにするのは不可能と言えるでしょう。

電気コンロ(ラジエントヒーター)とIHコンロの安全性
電気コンロの電磁波は3.5ミリガウス程度で、WHOの安全基準は満たしています。ちなみにIHコンロは基準値の16倍ということですが…となれば毎日IHコンロで料理をしている家庭の主婦の全てに何らかの悪影響を及ぼしているのかと言うと、そうではないのも現実なので一概に「良くない!」と断定はできないでしょう。

■電気コンロ

電磁波問題を重く受け止めている欧米では電気コンロが使われている家庭が多いですが、電気コンロとは、渦巻き状にしたニクロム線がセラミックプレー路の下に埋め込まれてあり、セラミックを加熱した放射熱で調理ができます。

一方IHコンロとは「電磁誘導調理器」とも呼ばれますが、コンロ内の磁力発生コイルに電気が流れることによって磁力線が発生し、これが金属製の調理器を通る際に「うず電流」が誘導されて、調理機の電気抵抗が起こって発熱する仕組みになっています。

■ガスコンロは電磁波は問題ない

ガスコンロは電気を使う必要がないので、電磁波の問題はクリアできます。しかしCO2の排出量や火事の原因になりやすいというデメリットがあるのは否めませんね。


電磁波は世の中の至る所で発生しているので、全く影響を受けないというのは難しい話です。しかし距離をとれば影響が軽減できるので、自分なりに気を付ける必要があるでしょう。安全基準とされる数値は1ミリガウスですが、家庭で使う電化製品の電磁波が1ミリガウスとなるのに必要な距離の目安は以下の通りです。

エアコン(40~100ミリガウス) 200cm
冷蔵庫 (5~50ミリガウス) 30cm以上
炊飯器 (3~20ミリガウス) 20~200cm
トースター(50ミリガウス以上) 40~70cm
電子レンジ(30~200ミリガウス) 100~200cm

WHO(世界保健機構)やIRAC(国際ガン研究機関)は「電磁波に発がん要因の可能性がある」と注意を促し始めてはいますが、日本ではまだ何の規制もありませんね。
電磁波5ミリガウス以上に被爆し続けると「悪性リンパ腫」や「中枢神経腫瘍」の原因となる可能性があるというデータは、医療雑誌や新聞でも取り上げられていますが、WHOによれば安全基準を「4ミリガウス」と定めています。実際に電磁波の影響はまだ研究中の段階で確定とはなっていないので、気になるという方は自分でできる対策を行うのがおすすめです。

電磁波はコンクリートも通り抜けることができるので、外からも入ってきます。もちろん家の中にもコンセントはあるはずですし、今時電化製品が一つもない家は無いですが、距離をとることで影響は軽減できます。

普段生活している場所の電磁波がどれくらいか気になるという方は電磁波測定器で数値を確認してみるのも良いですね。1万円以下で購入することも可能ですし、企業によってはレンタルサービスを行っているところもあるので、気になる場所の電磁波を測定して、数値が高い場所とはある程度の距離を保つことが対策となるでしょう。

■電磁波放電カード

電磁波を徹底的に放電して自分から遠ざけることができるカードです。電磁波を吸収する素材である「軟磁性体」をナノ結晶レベルにして配合されているカードで、一般的なカードのようなプラスチックとは違い柔軟性があります。家にいる時はポケットに入れておいたり、外出時はカバンの中に入れておけば邪魔になることもありませんよ。

■電磁波カットiPhoneケース

Softbankから販売されている電磁波を95%カットするiPhoneケースですが、バリエーションも豊富ですしゴム製で握りやすいので、普通のスマホケースと同じ感覚で使えますよ。

■電磁波カットホットカーペット

寒い季節には重宝するホットカーペットですが、実は電磁波レベルが大きいと言われている家電でもあります。しかし数年前から電磁波を極力カットできるホットカーペットが市場に出回っていますね。これは内部の発熱線に工夫がされていて、カーペットから発生する電磁波を軽減する仕組みになっています。

まとめ
いかがでしたでしょうか?
電磁波については世の中に様々な情報が溢れているので、どれを信用してよいのかわからないのが正直なところです、しかし同じ用途の電化製品を比較した時に、明らかに電磁波の影響が少ないということがわかっていれば、安心な方を選ぶことができますよね。

調理機に関して言えば、電磁波の影響が大きい方からIHコンロ>電気コンロ>ガスコンロとなります。が、それぞれのメリットとデメリットもあるので、自分のライフスタイルや好みに合ったタイプを選ぶのが良いでしょう。