新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

iPhoneでピント合わせるのは簡単!ぼやけてしまう時の対処法もご紹介

昔ならカメラと言えばデジカメでしたが、最近はiPhoneなどスマホひとつで立派な写真が撮れるようになってきています。しかしそれでもコツというものはあるもので、ここではピントの合わせ方をご紹介します。

基本はタップでピント

専用アプリがなくても基本的には大丈夫
iPhoneの標準カメラアプリもサードパーティ製アプリに負けず劣らず高性能で、わざわざ専用アプリをインストールしなくても必要十分な性能を持っています。その最たるものが手動でのピント設定で、標準カメラアプリを起動してiPhoneを構え、画面上でピントを合わせたいところをタップするだけです。

■タップするだけはとても便利
何もしなければ画面中央に写っているものにたいして自動でピントを合わせますが、たとえば中央にあるものより後ろにピントを合わせたい場合もあると思います。あるいは、ちょっと芸術的にしてみようと、あえてピントを合わせない事もあるでしょう。それに対して「ただタップするだけ」でピントを合わせられるのですから、とても便利です。

手動でピントを合わせられる
さらに、手動でピントを合わせておけば、その後iPhoneを動かしてもピントはその対象物から動かないという「AE/AFロック機能」(AE:自動露出、AF:オートフォーカス)もあります。

ロックするときにロングタップ!
やり方は普通に手動でピントを合わせる時とほとんど変わりませんが、ロックする時にはロングタップ(長押し)するのです。そうすると、ピントを合わせた対象物をiPhoneの標準カメラアプリの方で自動追尾しますので、その対象が動いたり、あるいはiPhoneの方を動かしてもピントはその対象物に合ったままです。

撮影対象を見ながら自分で動いてアングルを変えたい時にも有効ですし、対象物が動物など動いているものの場合は、もっと有効ですね。

 

被写体が近すぎることに注意
上記の方法でピントを合わせられないパターンもありますが、その代表的なものとしては「被写体が近すぎ」という例があるでしょう。iPhoneのカメラセンサーにはマクロ機能(接写機能)が無いので、被写体に近づくのは5~10cm程度が限界です。

ピンチアウトをうまく使おう!
そのため、基本的にはiPhoneそのものを被写体に近づけるのではなく、二本指で画面を押し広げる「ピンチアウト」という操作で電子ズームを行います。

ただし、あまり離れて撮影したものを電子ズームすると解像度が落ちますから、10cm程度離して画面上の被写体がボヤけない程度の位置で大丈夫です。電子ズーム中はiPhoneをちょっと動かすだけで被写体がズレたりピントが外れたりしますから、ロングタップでピントを固定しておくのが良いでしょう。

安価に写真を楽しめる
電子ズームよりもっと本格的に被写体を接写で狙いたいなら、外付けの接写レンズが便利です。一般的な一眼レフ用ほどの精度は無いとはいえ安価ですし、接写だけではなく魚眼レンズや望遠レンズなどさまざまなレンズがありますから、遊び心満点の写真を撮る事ができるのも楽しみの一つです。

様々なレンズを使ってみよう
安価なものから高価なものまでいろいろな種類のレンズがありますので、まずは安価なものから試してみるのがいいでしょう。高価なものほど集光に優れて、明るく自然な色合いの写真を撮れます。また、外付けのレンズをつけたからといってiPhone側での操作はピント設定なども含めて変わりませんので、手軽に素晴らしい写真を狙う事ができます。


iPhoneで頑張っていい写真を写したつもりでも、何かそこにはありえない謎の物体が写ってしまったり、あるいは一部分だけボヤけたり霞がかった写真になってしまう事もあります。その原因は大抵の場合iPhoneのカメラレンズにゴミや汚れが付着している事で、大抵はスマホカバーなどつけていてもカメラ部分はむき出しですから、仕方の無い事です。

普段ちょっと気がついた時でも、ブロア(空気の入った風船のようなものを押してエアを飛ばす手入れ具)やエアスプレーで、レンズ表面を傷つけないよう表面のホコリやチリなどを飛ばしましょう。その後は100均のメガネ拭きなどでも構いませんから、クリーニング用クロスやセーム革など、表面がしっとりして柔らかいものでゴミを拭き取れば完璧です。

ここまでの対処法でもピントが合わない場合は、カメラセンサーのオートフォーカス機能に何らかの不具合がある可能性があります。狙った被写体以外に、例えばもっと遠くの、あるいは近くの被写体にピントを手動で合わせられるか、あるいはロックができるか試してみてください。

それで全くピントが合わない、あるいはどこかにピントがロックされていて、解除できないなどの場合は、iPhoneの再起動がまず一番です。これだけで直ってくれればいいのですが、ダメな場合は少し面倒になります。

■データの復元か初期化を試す

再起動でも直らない場合は、カメラセンサーではなくアプリの不具合の可能性もあります。カメラが起動しなかったり、途中でフリーズしたり落ちたりする場合は、iCloudやパソコンにiTunesでデータのバックアップを取ってから、「初期化」か「復元」を行うと直る場合もあります。

当然その場ですぐできる事ではないので、時間のある時にでも作業してみましょう。「初期化」だけだと単純にiPhoneが工場出荷状態になってしまうのでデータも何もかも消えてしまいますが、「復元」なら大丈夫です。

一応上級者向けの作業とはなっていますが、マニュアル通りにやればそう難しい事でも無いので、落ち着いて作業をしてください。それでもどうにもならない場合は、本体ハード側の異常と考えて、アップルストアのケアセンターに連絡しましょう。