新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

テンキー非搭載のノートPCやキーボード使用時にテンキーを追加する方法

ノートPCやデスクトップ型のPCを使っていて、こんな点を不便に感じることがあります。

テンキーがないので、数字をスピーディーに入力できない!
デスクトップ型のPCで使用されることが多いフルキーボードでは、右側に数字が入力しやすいように配置されたテンキーが設置されているのが一般的です。

フルキーボードのテンキー部の例:

こういったテンキー製品を購入して追加接続することで、テンキーが非搭載のノートPCにテンキーを追加することが可能です。
またテンキー非搭載の小型キーボードを使っている場合にも、テンキーを利用できるようになります。

USB接続タイプのテンキー製品であれば、USBケーブルをPCのUSBポートに接続するだけで、すぐに使えるようになります。

テンキー製品には、数字入力に関連する最低限のキー(数字キーや四則演算キー、Enterキーなど)しか搭載されていません。
そのため数字入力はテンキーで行い、アルファベットの入力には、ノートPC側のキーボードのキーを、小型キーボードを使っている場合では、従来どおり小型キーボードのアルファベットキーを使用します。

USB接続タイプのテンキー製品では、駆動用の電力がPC本体からUSBケーブル経由で供給されるため、別途電池などは不要です。
また普及価格帯の製品であれば、概ね500~1,000円程度で購入できます。

USB接続タイプのテンキー製品は、先ほど例示した製品の他に、たとえば以下のような製品が販売されています。

電池を内蔵して電気を供給している製品が多く、電池切れになると使えなくなる。
という点には、注意が必要です。

テンキー付きキーボードを購入して追加接続、または交換する方法
テンキー非搭載のノートPCを机の上で据え置いて使っているなど、持ち運ぶことがなく机の上にスペースが余っている。
というケースであれば、別途テンキー付きのフルキーボードを購入し、ノートPCに追加接続する方法も考えられます。

多くの場合、ノートPCに搭載されている小型のキーボードよりも、フルキーボードの方が打ちやすいと感じることでしょう。
そのため、より高速・スムーズな文字・数字入力が可能となるはずです。

ノートPCに別途フルキーボードを接続した場合、追加したフルキーボードとノートPCのキーボードの両方で入力が可能な状態となります。
そしてフルキーボードを取り外せば、従来どおりノートPCのキーボードで入力可能です。

そのため机の上に据え置いて使っている場合には、フルキーボードを接続して使用。
持ち運んで外出先で使うときは、フルキーボードを外して持ち運び、ノートPCのキーボードを使って文字入力というように、使い分けることができます。

フルキーボードはかさ張るため、ノートPCに追加して持ち運ぶのは難しいでしょう。
出先でもテンキーを使いたい場合には、先ほどご紹介したUSBやBluetooth接続のテンキー製品を併せて持ち運び、使用する方法をおすすめします。

またデスクトップPCと、省スペース・小型軽量でテンキー非搭載のUSBキーボードを組み合わせて使っていて、そのキーボードにこだわりがない場合には、別途テンキー付きのフルキーボードを購入し、交換することでテンキーを使えるようになります。

テンキー付きキーボード(フルキーボード)製品の例
参考までにいくつかテンキー付きキーボード(フルキーボード)製品をご紹介しましょう。