新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電動歯ブラシで歯磨き粉が飛び散る原因って?正しい歯磨き方法まとめ

電動歯ブラシを使うと、歯磨き粉が飛び散る経験をしたことはありませんか?電動歯ブラシは振動するものなので多少はしかたがないと諦めている人、実は磨き方や歯磨き粉の選び方で飛び散りは防ぐことができます!今回は、電動歯ブラシを使った時にどうして飛び散ってしまうのか、飛び散るのを防ぐ正しい歯磨きの仕方をまとめてみました。

電動歯ブラシで歯磨き粉が飛び散る

電動歯ブラシは歯ブラシを振動させることで、手で磨くよりもよりきれいに歯を磨くことができます。ただ慣れないと、唾液や歯磨き粉が飛び散ってしまう事もあり使い辛さを感じる人もいるようです。正しい磨き方をしないと、飛び散る量も多くとても不快です。

そこで電動歯ブラシを使う時に歯磨きや水が飛び散らないようにするには、電動歯ブラシの正しい使い方と、電動歯ブラシ用の歯磨き粉を使う事の2点に気を付ける必要があります。

電動歯ブラシを使っても飛び散らないようにするためにまずは、研磨剤・発泡剤が入っていない歯磨き粉を選ぶ事が大切です。特に発泡剤は、歯を磨くときに泡を発生させる効果があるので電動歯ブラシで使うと歯磨き粉が飛び散りやすくなります。

他にも、ジェルタイプのものなど電動歯ブラシ専用の歯磨き粉もありますのでそれを使うのも良いでしょう。また、どうしても歯磨き粉が飛び散ってしまうという人は歯磨き粉を使わないという方法もあります。

電動歯ブラシは普通の歯ブラシよりも歯垢を取り除く力が強いので歯磨き粉が無くても口の中をきれいにすることが出来るからです。ただ、歯磨き粉には歯を強くするフッ素や歯茎にやさしい薬用成分が含まれているものもありますのでなるべく使用した方がよいでしょう。

通常の歯ブラシで使う歯磨き粉はペースト状のものが一般的ですが、電動歯ブラシを使う場合は通常より歯磨き粉が飛び散りやすくなりますので、手で磨く場合に使う歯磨き粉は使用しない方がよいでしょう。

おすすめは、ジェル状の「ジェルコート」や電動歯ブラシ用の「ガムデンタルジェル」、天然原料を使用して普通の歯磨きにも使える「パックスジェルはみがき」、独自の薬用成分が含まれている「アパガードリナメル」などがあります。

電動歯ブラシは、ブラシを振動させることで歯垢を効果的に取り除くことを目的としています。例えば、フィリップスのソニッケアーはブラシヘッドが毎分31,000回という超高速振動と音波で水流を発生させることで口の中の水を弾き飛ばし歯間の汚れを吹き飛ばすように作られています。

現在販売されている電動歯ブラシのほとんどは、振動と音波振動を合わせた製品になっています。実際に電動歯ブラシをコップの水に入れて作動させてみると水しぶきがあがり周りに水が飛び散ります。

■電動歯ブラシの機能的にも飛び散りやすい
電動歯ブラシは元々の造りが水を弾き飛ばしながら汚れを落とすように作られているので、歯磨き粉や水が飛び散ってしまうのは仕方がありません。また、電動歯ブラシの振動が歯ぐきにマッサージ効果をもたらし刺激を与える事で唾液の発生が促されます。

電動歯ブラシでは、通常の歯磨きよりも口の中の唾液を多い状態にしてその唾液に水流を起こして歯垢を取り除きます。ですので、口を開けて電動歯ブラシを使うと通常の歯ブラシよりも水分が飛び散ってしまうという訳です。

電動歯ブラシは元々水が飛び散りやすい作りになっていますので、慣れないうちはどうしても飛び散る事もあると思います。そこで、電動歯ブラシで飛び散らない、正しい歯の磨き方を紹介します。

■ペングリップで磨く
まず電動歯ブラシを使う時には力を入れず、歯ブラシを細かく動かして歯垢を取り除きますので鉛筆を持つときのようなペングリップと呼ばれる持ち方をすると細やかな操作ができます。またペングリップをする時は軽く持つように心がけましょう。

■電源を入れるタイミング
磨き始める時に歯ブラシに歯磨き粉をつけて、その後歯ブラシを口の中に入れてから電源を入れる事で歯磨き粉の飛び散りを防ぐことが出来ます。口に入れる前に電動歯ブラシの電源を入れてしまう飛び散る原因となります。

■優しく磨く
電源を入れたら、力を入れてごしごしとブラシを歯に押し当てるのではなく、優しく当てながらゆっくりと歯ブラシを動かしていきます。その時に歯ブラシの振動が強くて水が飛び散るようでしたら、振動を少し弱めに設定するなどして調節するとよいでしょう。

また電動歯ブラシを使うと唾液が多く出てきますので、最初に前歯の表などを磨き後はなるべく口を閉じながら奥の方へと磨き進めると飛び散りを防ぎやすいようです。

まとめ
電動歯ブラシで歯磨き粉や唾液が飛び散ってしまう原因は磨き方にありました。電動歯ブラシ自体が細かい振動をするものなので多少飛び散ることは仕方がありませんが、少しの工夫で綺麗に歯を磨くことができます。