新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電動歯ブラシが脳に与える影響とは?超音波について考えよう

電動歯ブラシには、音波式歯ブラシ、超音波式歯ブラシなどがあり、振動の周波数によって区別されています。中でも超音波歯ブラシは菌を破壊し口内を清潔に保つ効果があるため、歯周病の治療をしている人や予防にも使われています。超音波歯ブラシの超音波とはどんなものなのか、人体への影響はあるのか、超音波歯ブラシは安全に使えるのかについて考えてみましょう。

超音波について

■超音波とはどんなもの?
音とはヘルツ(Hz)であらわされる周波数によって高さが決まり、1Hzは1秒間に1回振動する音、1000Hzは1秒間に1000回振動する音のことです。人間の耳で聞き取ることができる音域は、約20Hz~2万Hzだといわれています。そして超音波とは人間の耳には聞こえない2万Hz以上の音のことを言います。

■超音波が使われる場面
・医療場面
胎児超音波検査、腹部超音波検査、心臓超音波検査、頸部超音波検査、骨伝導スピーカー

・漁業など
魚群探知機、超音波流速計、超音波式風速計など

・家電
超音波加湿器、超音波アイロン、超音波ミシン。超音波電動歯ブラシ

■熱作用
超音波によって起こる振動を体が吸収し、発熱により生体組織や細胞の温度が上昇します。高出力の超音波になると組織や細胞がダメージをうけてしまうことがあります。

■被熱(機械的)作用
高出力で使用した際に、キャビテーションと呼ばれる空胞が生じた場合、その空胞が崩壊する時に強いエネルギーが発生して生体組織や細胞がダメージを受けることがあります。

家庭用の電動歯ブラシは人体に影響なし
レントゲンなどの医療機器と比較すると、超音波は安全ですが、体への影響は全くないとは言えません。

単に超音波と言っても、どれくらいの出力で使用するかによって安全性は変わります。医療現場で使われている出力が小さいものは気にするほどのことではありません。しかし工業分野などで使われている高出力のものであれば、人体に使うと危険な装置なってしまいます。

超音波の強さが一定以上の強さになってしまうと人体への影響も大きく危険ですが、医療現場で使われている機器や、私たちの使っている家電、電動歯ブラシなどの超音波は出力も低いので、人体への影響は殆どないと言えます。

■超音波歯ブラシとは
超音波歯ブラシは、歯周病菌や細菌を除去する効果や歯垢のもとになる大きな汚れを破壊する作用もあるものですが、歯垢の除去力については音波歯ブラシのほうが格段に上です。超音波歯ブラシは超音波を発生する装置を搭載しており、細菌の構造にダメージを与え、歯周病などで弱った歯茎を活性化させる効果があるなど、歯周病や菌の除去に強みがあります。

■歯ブラシの振動数Hz比較
・音波式電動歯ブラシは20,000Hzまでの振動数のものです
・超音波電動歯ブラシは20,000Hzを超えた振動のものです。

超音波歯ブラシの与える影響とは
例えば病院では超音波診断をする際に、妊婦さんのお腹の中にいる胎児を見たりします。この時の超音波の周波数は2000Hz~100000Hzとなっています。次に歯科医院で歯石除去を行うときには、30000Hz~100万Hzの超音波を利用した器具が使われています。さらに超音波顕微鏡を使う時には、1億Hz~5億Hzのものも使用されています。

医療機関で使われている超音波機器と比較すると、家庭用の電動歯ブラシについては数値上決して大きなものではありません。

超音波は人間の耳には音として聞こえなくても、音によって人体に細かい振動をあたえるものです。「超音波治療」という方法で、痛みのある幹部に超音波の振動で動きを与えると、振動によって細胞が活性化し、痛みが少なくなるなど人体にとって良い作用もあります。

電動歯ブラシも同様で、超音波を当てることによって歯周病の幹部の細胞を活性化したり、口内の雑菌を分解するといった働きがあるということは医学的にも立証されています。

まとめ
超音波は使い方や出力によって大きく変わるもので、医療機関で使われている周波数と比較すると家庭で使うことのできる電動歯ブラシはかなり周波数が少ないものだという事が分かりました。

また超音波というものが適切な使われ方をしていれば問題がないのですが、高出力で使うと人体に与える影響が強く、危険なものになってしまいます。「何事もほどほど」という言葉があるように、高出力のものを使わない、無理をして長時間使いすぎないことをきちんと守っていれば、超音波の利用を恐れる必要はないようです。

とくに歯周病などに細胞を活性化させて、菌を分解するといったメリットをしっかり使いたい方におすすめなのが超音波歯ブラシですが、購入時にできれば最寄りの歯科医院などで正しい使い方を教えてもらい、決められた使い方を守って口の中のトラブルを起こさないようにし、歯周病の治療にも役立てたいものです。