新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電動歯ブラシで歯の「黄ばみ」を落とすために知っておきたいこと

歯の黄ばみは、「人に不快感を与えてしまうのではないか」「不潔と誤解されるのではないか」と悩みの種になりがちです。歯が黄色いことでタバコを吸っているのではないかと思われるのを嫌がる人もいるでしょう。一生懸命に歯磨きをしているのに、どうしてか歯の黄ばみが無くならない。そんな時には磨き方が悪いのかも。一度磨き方を見直して、できれば電動歯ブラシを使うと良いですよ。黄ばみが落ち、さわやかな白い歯の笑顔になれます。

電動歯ブラシで歯の黄ばみを消して印象を良くしよう

歯の黄ばみは笑顔の印象を悪くする
歯の黄ばみがあると思いきりの笑顔になるのが不安です。黄ばみが気づかれたら相手に不快感を与えてしまうのではないかと、悩みの種にもなります。

歯が黄色いとタバコのヤニではないか、相当吸っている人ではないか、と誤解され、その人のイメージが悪くなることもあります。
実際そうであろうとなかろうと、イメージというものは無関係ですから、虫歯をそのままにしている大人、という嬉しくない評価をもらってしまうこともあるかも知れませんね。

もし、歯に黄ばみがあるなら、早めに対処されることをおすすめします。

■歯の黄ばみの原因は食べ物や飲み物
日本人の歯は元々やや色が付いているのですが、それとは別に食品の色が付き、加齢でも黄色くなって行きます。歯の表面が黄色くなるのはコーヒーやお茶などに含まれているタンニンなどが付くからです。

カレーやジュースなども色が付く原因になりますし、もっと多くの食品が着色の原因になります。たくさんありますし、毎日食べるような物ばかりですので、歯に色が付く食べ物だからとその全部を避ける訳には行きません。それよりは歯のお手入れで対処する方が現実的です。

■電動歯ブラシで磨くと歯が白くなる
歯について中々落ちない汚れは、電動歯ブラシで落ちる場合があります。汚れがしっかりついてしまった箇所や、細菌が固まりになっている所です。そんな汚れは電動歯ブラシで落とすことができますので、持っていない方はぜひ一度お試し下さい。
電動歯ブラシは正しい磨き方をすれば短時間で効果的に汚れを落としますので、染みついた黄色もきれいに落ちます。

■電動歯ブラシで落とせる黄ばみは?
電動歯ブラシで落とせる黄ばみは、歯垢(プラーク)と着色汚れ(ステイン)です。

歯の内部が黄色いのは虫歯ですから、電動歯ブラシでは落とせません。また、歯の表面が変色してしまっているのも落とせません。
しかし歯が黄色くなってしまっている原因が、表面にこびりついた歯垢や着色汚れの場合には電動歯ブラシは大変効果的です。

■電動歯ブラシで歯の黄ばみを落としたい
歯の表面が黄色い場合、対策はいくつかありますが、歯科医によるホワイトニングの次に早く効果が表れるのが電動歯ブラシです。電動歯ブラシを使うと、歯の表面にこびりついた着色汚れや歯垢が取れ、歯がきれいになります。

また、歯垢が溜まりやすい歯間もケアできる電動歯ブラシがありますので、歯間ブラシなどがあまく使えない人は、歯間ケアできるタイプを使用すると歯の周り全部をきれいに手入れできます。

■電動歯ブラシで歯磨きする時には順番を決めて
電動歯ブラシで磨くととてもきれいに磨けたような気がして、磨き残しを作ってしまうことがあります。右下の奥歯の内側から始めて……というように順番を決めて磨き残しがないようにしましょう。毎日同じ順番で磨くと、磨き残しが出ませんし、どこまでやったかすぐ分かります。

■電動歯ブラシは優しく使う
電動歯ブラシは押し付けないようにして使います。また、通常の、手で使う歯ブラシ用の歯磨き粉を使うと歯が削れてしまいます。電動歯ブラシ用の歯磨き粉を使いましょう。説明書を良く読んで、持っている電動歯ブラシの特性に合わせた磨き方をします。磨き方や歯に当てる角度なども違いますから、きちんと説明書を読んで使いましょう。

自分で磨き残しが出やすい場所を知ること
歯磨きはそれぞれの人ごとに癖があります。磨き残しのチェックをする薬が売っていますので、時々染めてみて、自分がどこを磨き残しているか確認しましょう。ただし、磨きすぎは歯を痛めますので、磨きすぎないようにしてください。

歯科医によるホワイトニングと一緒に
電動歯ブラシで歯を白くするにはしばらく時間がかかります。それは、歯についてしまった汚れが表面だけでなくこびりついてしまっているからです。すぐに歯を白くする効果が欲しい人は、歯科医でホワイトニングしてもらうとはっきりとすぐに効果がでます。

その場合も、一度白くした歯を白いまま保つには電動歯ブラシが効果的です。
基本的には電動歯ブラシでは歯間は磨けないので、歯間ブラシやフロスと併用するとより効果的です。
電動歯ブラシにはステイン(着色汚れ)を除去し、ホワイトニング効果を持つ物もありますし、ホワイトニング用のパーツもありますのでお試しください。

まとめ
電動歯ブラシで落とせる歯の黄ばみは、歯垢と着色汚れです。内部が黄色くなってしまっている歯は白くなりませんので、歯科医に受診しましょう。歯の表面に付いている歯垢や着色汚れは、毎日電動歯ブラシを使用することでかなり良くなります。それは電動歯ブラシが手で磨く歯ブラシに比べて歯の表面の汚れを落とす効果が高いからです。歯と歯茎の間の歯垢や、歯の表面全体がなんとなくくすんでいるように見える歯は、電動歯ブラシで改善できます。

歯の黄ばみには毎日の正しい歯磨きが一番効果が出ますので、電動歯ブラシの使用法を良く読んでできるだけ長く続けましょう。すっきりした白い歯でにっこりと笑顔になると、きっと毎日明るく過ごせますよ。