新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電動歯ブラシの振動数って違いがあるの?おすすめ優秀電動歯ブラシ3選

白い歯が印象的な人に出会うと「こんなキレイな歯になりたいな」と思いませんか?それにはやはり歯磨きが大切になりますが、最近は非常に優れた機能を持つ電動歯ブラシがあるので、歯磨きで白く美しい歯を手に入れるのも夢ではありません。歯の汚れを取り除くのに大切なのはやはり電動歯ブラシの振動数です。手で磨くのと機械で磨くのはやはり大きな違いがあるようですよ。

電動と手磨きの違い

■手磨き2分だと磨き残しがよく出てしまう
歯磨きをする時に一番大切なのは、歯垢がきちんと除去されているかどうかです。自分の歯並びの特徴を知って、正しいやり方で丁寧に磨くことができるなら歯ブラシでも十分ですが、それだとやはり電動歯ブラシの平均所要時間である2分間では難しいでしょう。

■電動は効率がいい
歯垢を落とすにはブラシを振動させる必要がありますが、歯ブラシで磨いた場合の振動数は、多くても1分間に300回程度です。それが電動歯ブラシなら30000回程…なんと100倍も違うんですね。

また歯ブラシと違い動きが細かい振動になるので、歯に当てているだけでも、歯垢を落とすことができますし、磨き残しも少なくなるでしょう。

振動方式には2種類ある
電動歯ブラシのメリットでもあるブラシの振動方法には2種類のタイプがあります。

■回転式

Philips(フィリップス)やパナソニックに代表される電動歯ブラシで、1分間に数万回という振動回数なので、その細かい振動が汚れや歯垢をおとしてくれます。歯ブラシと同じ形状なので、感覚的には磨きやすいですが、ブラシが歯の隙間や奥歯に届きにくい傾向があるでしょう。

■音波振動
電動歯ブラシの振動数が1分に31000回と高速なので、歯に当てるだけで大抵の付着物なら除去できます。

1秒間にどれだけ振動したかを表す単位は「Hz(ヘルツ)」です。人間の耳で聴きとることができる振動を「音波」と言いますが、音波は16~20000ヘルツの振動であり、これに相当する振動数が音波振動と言われます。

汚れが落ちるという点では問題ありませんが、ブラシの振動や音が大きいので、歯ブラシに慣れている人にとっては違和感があり、慣れるまでに時間がかかるというデメリットもあるでしょう。

■超音波振動
音波振動よりも高い振動数(20000ヘルツ以上)である「超音波」がヘッドで発生し、ブラシの毛先に伝わることで歯の表面に付くプラークの付着力を弱めてくれます。また超音波は皮膚や骨に対して治癒効果があるので、口内組織の活性化や免疫力を高める効果も期待できます。

しかし超音波だとブラシは微振動しかしないので、歯ブラシで磨くときのように自分で動かさなければいけません。音波ブラシと比べて振動数が少ないという点では、歯垢を除去する力は劣ると言えるでしょう。

電動歯ブラシには振動法をはじめ機能的な違いもあるので、どれを選んでよいのか迷ってしまいますが、自分に合った商品を選ぶには歯に関する悩みを解決してくれるモノが良いでしょう。

■歯槽膿漏・知覚過敏なら
歯槽膿漏で出血があったり、冷たいものが染みたりという知覚過敏の方は、できるだけ優しく磨く必要があるので、最も優しく磨ける電動歯ブラシである音波振動式の「パナソニック ドルツシリーズ」がおすすめです。

■歯を白くしたいなら
洗浄力に加えて歯茎に優しいという特徴もある「Philips ダイヤモンドクリーン」は、他社に比べてステイン除去効果が高く、ホワイトニングに効果的です。

CMでは「歯医者さんが選ぶNo.1電動歯ブラシ」と言われているように、丈夫な歯をキープするにはおすすめですよ。

■歯垢除去を優先するなら
音波式電動歯ブラシではどうも物足りないという方は、回転式電動歯ブラシの「ブラウン オーラルBシリーズ」がおすすめです。

磨いた後のツルツル感は他の商品では味わえないので、毎回の歯磨きで歯垢を落としてサッパリしたいならやはり回転式が良いでしょう