新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

PCのメモ帳やExcelで現在の日付時刻を簡単に取得する方法、記録・メモを取る方法

サッと簡単に、現在の日付や時刻が入った記録・メモを取りたい!
PCを使って作業をしていると、ふと思いついたアイデアを忘れないように記録、メモしておきたい!
また記録日時を併せて書いておきたい!と思うことがあります。

こういった場合、Windowsの標準機能であるメモ帳や、多くのPCでインストールされているExcelを使うことで、サッとメモを取ることが可能です。

今回は、メモ帳やExcelで現在の日付時刻を取得し、サッと簡単に記録・メモを取る方法をご紹介します!

メモ帳で現在の日付時刻を取得し、メモを取る方法
Windowsの標準機能であるメモ帳は、Windows OSがインストールされているPCであれば、どのPCでも利用可能です。
そのため、Excelやその他メモを取りやすい文書作成アプリケーションがインストールされていないPCであれば、メモ帳を使うと良いでしょう。

メモ帳をサッと簡単に起動する方法
メモ帳を起動する方法はいくつかあります。
その中でも多くのバージョンのWindowsで利用可能であり、サッと簡単に起動できるのが、『ファイル名を指定して実行』を使って起動する方法です。

この方法では、まずはデスクトップなど任意の画面を表示した状態で、『Windows』キーを押しながら『R』キーを押下してください。
すると『ファイル名を指定して実行』画面が表示されます。

この画面中の『名前』のテキストボックスにnotepadと入力してから、『Enter』キーを押下してください。

以上の操作により、メモ帳アプリが起動します。

現在の日付時刻を入力し、メモを取る方法
メモ帳で現在の日付時刻を入力する方法はとっても簡単です。
と言いますのも、メモ帳では現在の日付時刻を入力するショートカットが『F5』キーに割り当てられているからです。

この例では新しいメモを下に記述していますが、上に記入してももちろんOKです!

メモ帳の『F5』ショートカットキーは、現在の日付時刻を表す文字列を自動入力するだけの機能なので、好みのメモのフォーマット(様式)にあわせて適宜お使いください。

Excelで現在の日付時刻を取得し、メモを取る方法
Excelでは、メモ帳ではできない文字装飾や画像挿入などのリッチな表現が可能です。
そのためExcelがインストールされている場合には、Excelを使った方が分かりやすい記録・メモを取ることができるでしょう。

Excelをサッと簡単に起動する方法
Excelをすばやく起動したい場合、メモ帳と同じように『ファイル名を指定して実行』を使って起動する方法がおすすめです。
この方法は多くのバージョンのWindowsやExcelで利用でき、Excelをすばやく起動可能です。

起動手順の途中まではメモ帳と同じであり、さきほどご紹介したメモ帳をサッと簡単に起動する方法を参考に、『ファイル名を指定して実行』画面を表示してください。
メモ帳を起動する際は、『ファイル名を指定して実行』画面でnotepadと入力していましたが、Excelを起動する場合はexcelと入力してから『Enter』キーを押下します。

以上の操作により、Excelが起動します。

現在の日付時刻を入力し、メモを取る方法
Excelでは、現在の日付や時刻を簡単に入力する方法がいくつか用意されています。
今回は関数を使う方法と、ショートカットキーを使う方法をご紹介しますので、好みの方法を使ってください。

Excelで関数を使って現在の日付や時刻を入力する方法
現在の日付はTODAY関数、日付時刻はNOW関数を使うことで入力可能です。

2019/4/17という形式の日付を入力したいときは、対象のセルで『=TODAY()』と入力してください。