新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電気シェーバーで深剃りするコツは?正しい手順とポイントまとめ

電気シェーバーはカミソリよりも肌に負担をかけずに、ヒゲ剃りをすることができる製品です。 しかし、ヒゲが濃いと朝にしっかりと剃っても夕方になると伸びてきて気になってしまうことがありますよね。 できるだけ深剃りしたいと思っても、無理に肌に押し付けてヒゲを剃ると皮膚に傷をつけて肌荒れを起こす可能性があります。 今回は、電気シェーバーでうまく深剃りをするためのコツやポイントについて紹介いたします。

間違った深剃りは肌にダメージを与えている!

ヒゲを剃ったあとは、肌が傷ついて赤くなったりヒリヒリしたりすることがありますよね。電気シェーバーは、カミソリとくらべて肌に優しいですが、ヒゲの他に肌の角質層も削り取っているのです。

この角質層は肌を紫外線などの外部から受ける刺激から守ったり、水分量を維持したりする働きを持っています。

そのため、角質層が減ると肌のバリア機能が弱くなることで、雑菌が侵入しやすくなるだけでなく、水分が少なくなることで乾燥肌の原因にもなります。

できるだけ肌にダメージを与えずに深剃りをするためには、ヒゲを剃るタイミングも大切です。特に、一日外部からの刺激を受けた肌は疲れてダメージを受けているため、夜のヒゲ剃りはあまりおすすめできません。

また、ヒゲは朝の6時から10時の間がもっとも伸びるため、朝の時間帯にヒゲを剃ることをおすすめします。起床後すぐは、肌が乾燥しているのでだいたい起きてから20分後を目安にヒゲを剃ってください。

起きてから少し時間が経った肌は、寝起きのむくみも取れて水分量が多くなっているため、肌のダメージを減らすことができます。

ヒゲを剃る前は、乾燥で針金のように硬くなっているヒゲを柔らかくしてあげましょう。蒸したタオルを顔に当てたり、お湯で顔を洗ったりすることで、ヒゲに水分が吸収されて柔らかくなり、毛穴が広がることで剃りやすくなります。

ヒゲが柔らかくなったら、シェービングフォームを塗ってヒゲを剃りましょう。何も肌に塗らずに剃っていると、皮膚が削られて肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

そのため、シェービングフォームを使って肌と刃の摩擦を軽減し、スムーズにヒゲを剃ることがポイントです。

泡タイプのシェービングフォームは、毛が濃い剛毛の人におすすめです。泡は毛を柔らかくする効果が高いため、太い毛でも無理なく剃り進めることができ、ダメージを減らしてくれます。

ジェルタイプのシェービングフォームは、泡タイプと比べて滑りが良いところが特徴です。肌の摩擦を減らしてくれるため、肌荒れに悩んでいる人、肌が弱い人などにおすすめです。

石けんを使ってヒゲを剃ることもできますが、石鹸は肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥肌の原因となります。

そのため、ヒゲ剃り用のシェービングフォームを使いようにしましょう。

■もみあげからあごにかけては順剃り
まず、毛の生えている方向に沿ってヒゲを剃っていきましょう。もみあげの部分から頬にかけて、あごの辺りまで滑らせるように剃ります。

電気シェーバーの刃を肌と45度くらいの角度であてがうと、きれいに剃ることができます。

■鼻の下とあごは逆剃り
鼻の下やあごなどのヒゲが硬い部分には、毛の流れと反対に刃を滑らせて逆剃りをしましょう。毛は寝ている状態のままよりも、しっかりと立っている方がきれいに剃ることができるので、より深剃りがしやすいです。

肌をある程度引っ張って、刃と皮膚が平面に当たるように意識しながら滑らせるように剃り進めることがポイントです。

ただし、肌を引っ張り過ぎると剃る時に大きなダメージを与えてしまうため、かえって肌荒れを起こしてしまいます。

■ヒゲの量が多い時は十分に保湿を
ヒゲの量が多い時は、シェービングフォームを足しながら剃っていくことで、肌を保護しながらヒゲ剃りをすることができます。

また、ヒゲを剃り終わったら乾燥しないように、クリームや乳液でしっかりと保湿しましょう。ダメージを受けた肌を保護し、うるおいを保ちます。

まとめると、このような流れになります。

1.顔を温めてヒゲを柔らかくする
2.シェービングフォームを塗る
3.ヒゲの流れにそって、顔全体を剃っていく
4.剃り残した部分は逆剃りをする(途中でシェービングフォームを足す)
5.乳液やクリームなどを使ってしっかりと保湿する

この手順を守って、きれいな深剃りを目指しましょう。

まとめ
いかがでしたでしょうか?
電気シェーバーで深剃りをするためには、ヒゲを柔らかくして剃りやすい状態を作ることが大切です。

無理に剃り進めると、肌荒れを起こしてニキビや吹き出物の原因となってしまいます。

毎日ヒゲを剃るからこそ、負担が多い肌の健康状態にはできるだけ気を使うことが必要です。剃り方を工夫して、つるんとした肌を手に入れましょう。