新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

大丈夫?毎日使っているシェーバーに潜む雑菌対策

男性の身だしなみの基本中の基本、ヒゲのお手入れに欠かせない電気シェーバー。肌に直接触れる製品だからこそ清潔にも気を配りたいものです。しかし、忙しいさや億劫さに負けてお手入れをしていない人も多いようです。実はお手入れをしていないシェーバーは見えない雑菌がウヨウヨ!シェーバーを使うと肌が荒れる、ニキビが悪化するなどという肌トラブルの原因は実は、毎日使っているシェーバーの汚れのせいかもしれません。面倒だからとお手入れをしていない人はすぐ見直して欲しい、シェーバーに潜む雑菌の影響とお手入れの仕方をご紹介します。

シェーバーは雑菌の温床になりやすい
近頃は美容室に通う男性も増え、カミソリでヒゲを剃った経験が少なくなっています。カミソリは、ヒゲの根本から処理することができますが肌荒れやケガをすることもあり現代では手軽に使える電気シェーバーが人気です。切れ味が落ちたら刃を変えるカミソリと違い、電気シェーバーはきちんとお手入れする必要があります。

家電店のシェーバーコーナーには、様々な型の製品がズラリとならんでいます。剃り残しなくヒゲを処理できることはもちろん、肌への負担が軽いものや、ヒゲスタイラー機能付きやバスルームで使えるウエット対応など、重視したいポイントは人それぞれです。お手入れの方法も、ボタン一つで自動的にアルコール洗浄と乾燥ができるものや、水洗いができるものもあります。

自動洗浄ができるタイプは便利で清潔ですが、アルコールの交換カートリッジのコストがかかるため、カートリッジの交換をサボったりしていませんか?また、水洗い可能なシェーバーは分解せずに外側だけをサッと水ですすいで終わりにしていませんか?

シェーバーの汚れは、内刃付近に集中しています。内刃付近には剃ったヒゲの残りカスや皮脂汚れがたまり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。皮脂汚れは水だけでは落としきることができません。使用する度に洗ったつもりでいても、内部の汚れはごっそりと蓄積しています。

シェーバーの雑菌が繁殖するとどうなるの?
シェーバーのお手入れを怠ると、剃ったヒゲのクズがたまることで切れ味が悪くなり故障の原因にも。また、ヒゲのクズが内刃付近にたまり使用する度に外に飛び出して不衛生です。

外側からは見えないところで、ヒゲのクズや皮脂がたまることにより雑菌や、いやなニオイの原因になってしまいます。今使っているシェーバーからいやなニオイがしたら雑菌が繁殖している可能性大です。シェーバーの本体や刃に付着した皮脂が雑菌を繁殖させているのです。

ある調査によると、シェーバー本体をこまめに洗っていない場合はトイレの便器よりも雑菌が発生しているとか。シェービングはただでさえ、肌の表面を痛めやすいもの。ダメージを受けた肌に雑菌が付いてしまうと、ニキビや肌荒れが起きるのは当然といえます。

また、ヒゲのクズや皮脂のせいでシェーバーの剃り味が落ちることで、肌に負担をかけてしまい間接的に肌荒れやヒリツキ、赤みの原因になることもあります。

こまめにお手入れしてシェーバーしっかり殺菌
現在発売されているシェーバーのほとんどのモデルは、ヘッド部分や刃を水洗いすることができます。しかし、刃の表面だけを軽く水で洗い流すだけでは皮脂の汚れを落とすことができません。シェーバーをしっかり殺菌する方法とは。

近頃は、バスルームで洗顔フォームと一緒に使用できるウエット剃りができるシェーバーが人気です。しかし、しっかり洗浄しないと洗顔フォームの残りと皮脂が交じり合って雑菌が繁殖する可能性があります。ウエット剃りで使用した場合は、その都度シェーバーを洗浄する、ドライ剃りの場合も一週間に最低2回はクリーニング液や薬用ハンドソープを使って洗浄する習慣をつけましょう。また、洗浄した後は風通しのよい場所で保管することもお忘れなく。

一方、お手入れを自動洗浄機にお任せして安心している方も注意が必要です。メーカーが推奨する洗浄液の交換期間をすぎた、汚れて古くなった洗浄液にシェーバーを浸けることはむしろ逆効果です。

洗浄機によっては、交換時期を表示してくれる製品もあります。洗浄機の性能を活かし、シェーバーを清潔に保つには、洗浄液の交換時期を守ることが重要です。自動洗浄機の場合は洗浄液の交換ランプが付いてから洗浄液を買いに行くのが億劫でそのまま使い続けてしまうケースが多いようです。洗浄液の交換カートリッジを予めストックするなど、気がついたら交換でき準備をしておくと安心です。

まとめ
意外と気にしていないシェーバーの汚れ。そのまま使っていると、剃り味が落ちるだけではなく雑菌による肌荒れの原因にもなってしまいます。シェーバーは毎日肌に触れるものだからこそ、清潔に保つ必要があります。買い替えの際には、ヒゲの剃り味に加え、お手入れのしやすさを考慮して選びましょう。