新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

ドライヤーの時間短縮!速乾方法でロングヘアーを乾かそう!

お風呂上りにドライヤーを使って、髪を乾かしている人も多くいるはずです。しかし、しっかりと髪が乾くまでドライヤーを当てるのがめんどくさいと感じ、ある程度乾いたら、髪を乾かすのを終わらせている人もいるのではないでしょうか。半乾きの状態は髪にもダメージを与えてしまいます。さらには朝起きたときに寝癖ができ、ブローが大変になったと言う経験はありませんか。そこで今回はロングヘアーの方も安心、ドライヤーの時間が短縮できる速乾方法をご紹介いたします。

髪を洗ったあと、しっかりとタオルで水分を拭き取っていますか。中には濡れたタオルで髪を拭いて、しっかりと水分が取れていないという人もいるはずです。

素早く髪を乾かすためには、乾いたタオルでの「タオルドライ」が重要となります。

とは言え、タオルで力強く髪の毛をごしごしと拭いてしまうと、摩擦で髪が傷んでしまいます。髪の水分しっかり取るには、タオルを頭に被って、頭皮を指の腹を使ってマッサージするように拭いてください。

毛先はタオルではさんで、パンパンと叩き水分を取ります。一度にたくさんの毛束を取るのでは無く、少量の毛束取ることが早く髪を乾かすコツです。

また、マイクロファイバー素材の物を使うと、タオル以上に水分を吸収してくれるのでお勧めです。

髪を洗ったあと、しっかりとタオルで水分を拭き取っていますか。中には濡れたタオルで髪を拭いて、しっかりと水分が取れていないという人もいるはずです。

素早く髪を乾かすためには、乾いたタオルでの「タオルドライ」が重要となります。

とは言え、タオルで力強く髪の毛をごしごしと拭いてしまうと、摩擦で髪が傷んでしまいます。髪の水分しっかり取るには、タオルを頭に被って、頭皮を指の腹を使ってマッサージするように拭いてください。

毛先はタオルではさんで、パンパンと叩き水分を取ります。一度にたくさんの毛束を取るのでは無く、少量の毛束取ることが早く髪を乾かすコツです。

また、マイクロファイバー素材の物を使うと、タオル以上に水分を吸収してくれるのでお勧めです。

乾いたオルを使ってドライヤーを当てると、より早く乾かすことができます。タオルの中がサウナ状態になり、髪の水分がタオルに吸い込まれていくので、早く乾くというわけです。

タオルに吸い込まれた水分は、ドライヤーの熱で外へ飛ばされます。髪に直接ドライヤーの熱が当たることもないので、熱で髪が傷むことも防ぐことができるのです。

タオルが熱くなり過ぎないよう、小刻みに手を動かすようにして乾かして下さい。これでいつものドライヤーの時間が、半分程度に短縮できるようになりますよ。

髪は全体を一気に乾かすよりも、ブロックごとに分けて乾かす方が早く乾きます。ショートヘアの人ならともかく、髪の量が多いと外からドライヤーを当てても、中の部分までうまく乾きません。

ヘアクリップなどを使いブロックに髪を分けて、内側からドライヤーを当ててみてください。その部分が乾いたら、次のブロックをドライヤーで乾かします。

ヘアクリップでブロック分けするのが面倒だという人は、乾かしたい部位を手で持って、下側から上に風を当ててみてください。

ロングヘアーで髪を手で持ちにくいという場合は、頭を下に向けて髪を前に垂らして裏側からドライヤーを当てるようにします。そうすることで自然なボリュームも出て、乾くのも早くなるのです。

髪を乾かすとき、どこでドライヤーを使いますか。多くの人が、洗面所や脱衣所ではないでしょうか。

実は洗面所や脱衣所はお風呂から上がった直後、蒸気が充満して湿度が高い状態なのです。湿気が貯まりやすい場所では、なかなか髪が乾かず、ドライヤーを当てる時間も長くなってしまいます。

髪を乾かすなら、リビングや寝室などの湿度がない場所で乾かして下さい。夏場や冬場、冷房や暖房が聞いた部屋だとさらに髪が早く乾きます。

どうしても洗面所で髪を乾かしたい場合は、換気扇などを使って湿度を下げて乾かすのがよいでしょう。

ドライヤーを使うとき、早く乾かそうと温風を使うはずです。しかし、髪を乾かす仕上げには冷風を使う事をお勧めします。

温風だけ使うと、熱気で毛根から余計な汗や皮脂が分泌され、髪の成長を妨げてしまいます。なので、温風で8割乾かしたら最後は冷風で仕上げてみてください。

最後に冷風を髪に当てることで、髪と頭皮の栄養分が逃げず、髪に艶が出るのです。さらに、冷風を当てることでセットした髪型も長持ちするので、是非使ってみてください。

まとめ
いかがでしたか。朝でも夜でも、忙しい時間は1分、1秒でもドライヤーをかける時間を短縮したいと思うものです。時間が無いからと適当に髪を乾かせば、髪にダメージを与えてしまいます。

ドライヤーを当てる時間を短縮するなら、まずはきちんと水分を拭き取るようにしてくださいね。水分が少なければ、その分ドライヤーを当てる時間を短縮することができるのです。ぜひ今回ご紹介した方法を試してみて、ドライヤーの時間短縮をしてみてください。