新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

3000円台でVRデビュー!?スマホでお手軽VRゴーグルの選びかたとオススメ商品

PS4の登場で、一気に普及をしていったVR。何となくスゴイ技術であるとは感じているもののまだ実際には体感して見たことのない人が大多数ではないでしょうか。 以前は、ハードルが高かったVRも、スマートフォンをもっていればお手軽にVRを体感することができます。 今回はそんな、VRデビューに最適な機種についてご紹介していきたいと思います。
スマートフォンを簡単にVRマシーンにする「VRゴーグル」
どうやってスマートフォンがVRマシーンになるのか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。 スマートフォンを頭に装着するためのVRゴーグルを使って、スマートフォンの画面の立体視することで、VRを体験することができます。 VRゴーグルの中には、スマートフォンに映し出しされた歪んだ画面を立体的に映るように設計されたレンズが入っています。 そのレンズを調整することで、焦点を合わていくのです。
VRゴーグルの選ぶときのポイント
いざ、VRゴーグルを探してみると膨大な数の選択肢があり、迷ってしまうかもしれません。 それだけ、メーカーが力を入れて開発しているジャンルということなのですが、まだ新しい分野なので「コレが定番!」と呼べるものがまだ存在していません。 なので、選ぶためのポイントをいくつかご紹介していきます。

大きさが対応しているかどうか
ひとえにスマートフォンといっても様々な液晶の大きさがあります。ものによってはお手持ちのスマートフォンの液晶サイズに対応していないことがありますので、注意が必要です。特に6インチなどの大型液晶のスマートフォンや、分厚いモデルについては必ず確認をしてから購入をするようにしてくださいね。
視野角が大きいかどうか
基本的には視野角が大きければ大きいほど強い没入感で映像体験ができます。なるべく、視野角が大きいものがオススメです。ただ、普段3Dのゲームや映画を見ない方の場合、あまりに没入感が強すぎるとすぐに映像酔いをしてしまうこともあるようです。自分が画面の動きに対して不慣れだと感じる方については、必ずしも視野角がやや狭いものを試してみてから選んでみてもいいかもしれません。
ヘッドフォン/イヤフォンが内蔵されているかどうか
3000円台の商品になってくると、中にはヘッドフォンやイヤフォンを内蔵している機種に手が届くようになってきます。ゴーグルをはめればすぐに世界に没入できるという点は大変素晴らしいのですが、音質についてはあくまでも付属品というレベルのように感じます。なので、VRでより迫力のあるコンテンツを楽しみたい方は、あえて内蔵されていないモデルのものをオススメいたします。実際に体感をしてみるとわかるのですが、音の品質は没入感に大きく影響してくるところでもあるので、こだわりたい方は別のイヤフォン、ヘッドフォンを用意するといいでしょう。 特にBluetoothのイヤフォンならコードレスでスッキリとしています。カナル型を選べばバイノーラル録音された映像は、まるでその世界の中にいるような臨場感を体験できますよ。
ヘッドバンドの締め付けがキツくないか
もし実店舗で試着ができるようでしたら、ここも試しておきたいポイントの一つです。基本はゴム製になっていて長さを調整できるようになってはいるのですが、付ける位置や力がかかっている場所によって装着感がおおきく変わってきてしまいます。 あまりキツいと長時間楽しむのが辛くなってきますし、かといって緩いと頭を動かしたときに視界がズレてしまって興ざめしてしまいます。通販で購入する際には、つけ心地に関するレビューをチェックするようにしてみましょう。
1000円以内でVRを体験できる「組み立て式ゴーグル」
一見ハードルが高いようにみえるVRですが、今は1,000円以内ではじめられます。 ダンボール製のモノを自分で組み立てるようにすることで大幅にコストカットされているものの、まずは体験してみたい!というニーズには充分に応えています。 簡単なものではありますがしっかりとした作りになっていて、手にとって見ると頑丈で安心感があります。 多くのメーカーが競って出しているので、たくさんの商品がリリースをされているようです。中でも、

「Link cool Google Cardboard」 「TechRise 3Dメガネ」 は評判が良いようです。 ただ、この価格帯であれば特に大きな性能の差は殆ど無いと考えてもいいでしょう。
3000円台で買える「本格VRでゴーグル」
もう少し価格帯を上げてみると、段々と機能の差別化がされたモデルが登場してきます。 「Bengoo 3DVR ゴーグル」はシックなデザインでヘッドバンドも頭の形にしっかりとフィットするように設計をされています。放熱機能がついていて、高負荷のVRを再生していても途中でスマートフォンが落ちてしまうといった心配もありません。 「Canbor 3D VRゴーグル」はBluetooth接続ができるリモコンを搭載していて、手元で動画を調整することができます。意外と動画の調整をするときにゴーグルを外したり、スマートフォンを操作したりするのはストレスを感じるものです。実際に使うことを想定した設計はメーカーのやさしい心遣いを感じられます。 以上、VRゴーグルを選ぶポイントとオススメ商品のご紹介でした。 身近になったVRの世界を是非とも、体験してみてくださいね。