新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
最新売れ筋商品ランキング!| ニュース一覧 | 容量 電圧 製品一覧
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

電子ペーパー「クアデルノ」が2年半ぶりに刷新! ワコムEMR対応で書き味アップ

富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は6月22日、デジタル文具「QUADERNO(クアデルノ)」の新モデルを発表した。E Inkを採用した電子ペーパーで、手書き文字をデジタル化して保存できる。

ブギーボードにクアデルノ、盛り上がるデジタル文具 - 古田雄介の家電トレンド通信

2018年12月に発表された初代クアデルノから約2年半、デザインはほぼそのままに、中身を大幅に刷新した新モデルが登場した。

FCCLの執行役員 コンシューマ事業本部副本部長の高嶋敏久氏は、新しいクアデルノのコンセプトを「書きやすいこと」「煩わしくないこと」「持ち歩きたくなること」の3点と紹介。コンシューマ事業本部 クアデルノ商品企画担当の松下季氏は、新モデルで最も力を入れた点が「書き心地」だとし、書いたときの「感じ方のレベルまでこだわった」とアピールした。

ペン入力がワコムの電磁誘導方式(EMR)に対応

第2世代クアデルノの大きな進化ポイントの1つが、ワコムの電磁誘導方式(EMR)による描画に対応したこと。

従来は静電容量方式ペン入力対応のみだったが、新モデルでは指で操作する静電容量方式指入力に加え、スタイラスペンによるワコム電磁誘導方式(EMR)デジタイザに対応した。

EMRは上から見て360度、横から見て180度の傾きをリアルタイムでセンシングするものといい、直線や斜めの線がより綺麗に書けるようになるほか、本体を傾けて書く際にも書きやすくなる。ペンのレイテンシ(ペン先を画面に当ててから線が出るまでの遅延)も、前モデルから30%速くなった。

また、付属ペンのサイドボタンが、従来は「消しゴム」「ハイライト」で固定されていたところ、新しい付属ペンではこの2つに加え「範囲選択」や「ペン(赤)」「拡大」「無効」など6つの機能から、好きなものを割り当てられるようになった。

なお、ペンは同じEMR方式のペンであれば付属品でなくとも動作するが、付属品はクアデルノ用にチューニングしているため制度が高いという。ペンのサイズは約138.35mm×8mm径、重さが約7.2gとなる。

付属ペンはバッテリーレスに。本体性能も改善

コンセプトの1つ、「煩わしくないこと」のポイントは、電磁誘導方式になったため付属ペンがバッテリーレスとなり、ペンを充電する必要がなくなったこと。加えて、本体は最新のE InkディスプレイやCPU、メモリ強化などの影響で、ページめくりなどの反応速度が従来から20%速くなった。最新のE Inkディスプレイの採用で画面のコントラストが15%アップしたため、視認性も高まったという。

機能面ではストレージ容量が2倍になり、ノート1冊分を100KBとした場合に約20万冊分を記録できる。インタフェースの改善も見逃せないところで、従来のmicroUSBからUSB 2.0 Type-Cへと変更され、スマートフォンなどと同じケーブルで充電できるようになった。バッテリー容量は従来同等だが、機構の刷新でバッテリー持続時間は短くなっている。

インタフェースの改善では特に検索性を高め、保存したファイルのサムネイル表示に対応。ノートの表紙を見るような自然な感覚で、目的のファイルを探せるようになった。

また、「持ち歩きたくなること」では、別売の専用カバーを軽量化。従来ではA5モデルでカバー+ペン+本体の総重量が約500g弱だったところ、新モデルではトータルで393gに収まった。ただしEMRの採用などにより、本体やペンの重さは従来より若干重くなっている。

専用カバーはカラーバリエーションを増やし、ベージュ、ネイビーが選べるようになった。ペン先の摩擦感がQUADERNO向けに調整されている、ドイツ・LAMYコラボのデジタルペンも用意される。

サイズはA5、A4の2種類。価格は49,800円から

ラインナップは、A5モデル「QUADERNO A5 (Gen.2)」と、A4モデル「QUADERNO A4 (Gen.2)」の2種類。6月22日に直販サイト「富士通WEB MART」や量販店で予約を受け付け、順次量販店の店頭展示もスタートする。発売は7月8日。直販サイトでの価格は、A5モデルが49,800円、A4モデルが69,800円。主な仕様は下記の通り。

「紙には本質的にアナログのよさがある」

現行のクアデルノは、学生が教科書を入れて参照したり、音楽に関わる人が楽譜を表示したりといった用途のほか、イラストの下書きや漫画のラフ制作や、ビジネスパーソンが手帳などとして使っているケースもあったという。

またコロナ禍においては、子どもが自宅学習に使ったり、ビジネスパーソンがオンライン会議で資料を参照したり、メモ用紙として使ったりといった想定がなされている。

FCCLはクアデルノで国内の電子ペーパー市場の拡大を目指すとともに、海外展開も視野に入れているという。

FCCLの竹田広康執行役員副社長は、「FCCLでは、PCを通じて情報のデジタル化を進めてきた。しかし紙は減らない。紙には本質的に、手書きのよさ、アナログのよさがある」とコメント。新しくなったクアデルノにはユーザーの声が反映されているとし、「多くのユーザーの声、FCCLの思いが詰まったものになっている」と強調した。


私たちの利点