新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

生成AIめぐりiPhoneが「Android化」、検索に加えAIでもグーグルに軍配?

先に報じられたApple(アップル)の驚きのニュースは、iPhoneが大きく変わることを示唆している。もはや次に何が起きてもほとんど驚かないほど、すべてがすでに変わってしまったかのようだ。

それはスマートフォン関連では今週最大のニュースだった。アップルは、iPhoneでAIエンジンのGemini(旧Bard)を利用するための巨大な契約についてGoogle(グーグル)と交渉中だと報じられた。Bloomberg誌は、この「巨大契約はAI業界を震撼させるだろう」と書いた。

このニュースはもちろん、確実からはほど遠く、未確認であり、現時点では「議論は非公開のため身元を明かさないことを希望する人たち」に依存している。それでも、テック業界に火をつけるニュースを意味している可能性がある。

実際、これが実現するかどうかは問題ではない。アップルの中で何かが変わること自体がiPhoneユーザーにとっての真のニュースだ。アップルエコシステムの外で、生成AIの分野はグーグルのGeminiと、マイクロソフトが吸収したOpenAIのChatGPTに支配されている。そのため、「アップルはOpenAIとも最近交渉を持ち、同社のモデルを使うことを検討した」ことは驚きではない。

アップルは、今年の秋に公開予定のiOS 18が史上「最大」のアップデートになることを予告した。そしてその主たる内容は、オンデバイス(端末上で処理される)AIがiPhoneにも搭載されるということだ。数週間前の報道によると、アップルは独自のオンデバイス大規模言語モデルを開発中であり、それはOpenAIやその他のクラウドサービスと同等のクオリティを持ち、同時に同社の強みを生かすべくテストを重ねている最中だという。

しかし、グーグル(あるいはOpenAI)と交渉中である、というニュースは、アップルの進捗が思ったより芳しくない、あるいはオンデバイス生成AIはクラウド処理と比べて本質的な限界があるかのどちらかを示唆している。可能性としては後者の方が高いだろう。

予想されるのは、アップルがAI機能を分割し、プライバシー重視の機能をデバイス上で行い(Gemini Nanoを使うかもしれない)、長い文書の作成や分析、あるいは詳細な調査といった重労働はクラウドで行うという方法だ。

Samsung(サムスン)を見てみよう。Android端末分野で独占的な力をもつ同社は今年、Galaxy AIに焦点を当てたマーケティングを行っており、近々急成長が予想されるAI端末市場で、グーグルの端末やiPhoneと戦おうとしている。これまでアップルは、自社のオンデバイスAI機能によって、サムスンのデバイス/クラウドのハイブリッドモデルと差別化をはかるものと思われていた。

「スマートフォンに統合されたAIは、端的に言って革命です」とサムスンのMXビジネス責任者がモバイルワールドコングレス(MWC)に先立って語った。「このデータ集約型モバイル体験の新時代において、セキュリティとプライバシーの基準を高めることも重要です。これは、私たちがオンデバイスとクラウドベースのAIを組み合わせたハイブリッド方式を採用した理由の1つです。シームレスに利用できるというメリットがあるだけでなく、これによってユーザーは、機能の一部をすべてオンデバイスで実行することが可能になり、個人データの使い方をよりよくく制御できるようになります」。

当時この発言はアップルの方針との違いを示唆しているように思えた。しかし今回の報道が正しいとすれば、そうではないことになる。アップルが同じハイブリッド方式を探求しているという事実は、モバイルAI業界が次に向かう方向を示す重要な指標だ。

サムスンのAI機能でいつも問題になるのは、それが自社の技術とグーグルの技術の組み合わせで作られていることだ。しかし、サムスンとアップルが同じアプローチを取る可能性があることは複数の報道が示唆しており、その結果iPhoneとAndroidのギャップはさらに縮まることになる。

アップルとサムスンの、世界で最も売れている最上位モデルの間に性能の違いはほとんどないことや、AIが目玉機能になることを踏まえると、これは2つのエコシステムがこれまでで最も近づく時であり、サムスンはよりアップルに近くなり、アップルはよりサムスンに近くなるということなのかもしれない。

しかしアップルには、サムスン以上に重要な課題がある。AIはプライバシーにとって次の戦場だ。生成AIのプロンプトがハックされる可能性はすでに報告されており、今の話題は重大な侵入が起きるかどうかではなく、いつ起きるかだ。

「一部の企業はクラウドの個人情報を定期的に調べている」と先月アップルは言った。「それはユーザーの情報を収益化するためであり、アップルはやっていない。私たちは全く異なる方法を選んだ。ユーザーのセキュリティとプライバシーを優先する方法だ」。これはグーグルのクラウドサービスとアップルとの違いについて暗に示す発言と見られた。

アップルはオーストラリアで提案されたプライバシーに関する法案に対して次のように警告した。「大規模監視のためのツールには、意見表明と表現の自由、さらには民主主義全体に対するさまざまな否定的要素がある。たとえば、政府が通信プロバイダーに対してユーザーの行動を監視することを強制するかもしれないということを人々が意識すれば、合法的な結社の自由、表現の自由、政治的自由、および経済活動を阻害する深刻なリスクが高まることになる」。

このことは、クラウド対オンデバイスのAIと密接に関係がある。クラウドのAIに送られるあらゆる情報は、本質的にエンドツーエンドの暗号化ができないことを考えると特にそうだ。これは送られたデータが保存、検索され、法制度や捜査の対象になる可能性があることを意味している。たとえば、グーグルメッセージがGeminiのUIになると、Geminiに送られるデータは通常の完全暗号化の対象外になるなどが危惧されている。

オンデバイスとクラウドAIの境界線、またアップルのアプローチと他社のアプローチがどう違うかは、きわめて重要になろうとしている。ある意味で、今回のニュースは、グーグルの検索エンジンがiPhoneとAndroidの両方で強い地位を持つという現在の状況を反映しているだけとも取ることができる。しかしそれぞれの企業が開発するAIの違いについては誰もが認識しており、両者の境界線は今後曖昧になっていくだろう。アップルがサムスン、グーグルとのギャップを縮めようとしている今、状況は慎重に見極める必要がある。

The New York Times紙は次のように報じ、アップルとグーグルの交渉に関するBloombergの記事を裏付けた。「交渉は初期段階であり、契約の正確な範囲は決まっていない、と事情に詳しい3名が語った。アップルは他のAI開発企業とも交渉し、膨大な量のデータを分析してテキストを生成する能力をもつ大規模言語モデルを開発しようとしている、と情報提供者の1人は話している」。

アップルを取り巻くAIの開発競争が同社の決断を早めた可能性はある。「ライバルのサムスンとグーグルは、すでにGeminiをそれぞれの最新機種に導入し、ビデオ編集や音声録音の要約に利用している」。

グーグルとアップルに関する今回のニュースが示唆しているのは、プライバシー重視のオンデバイス処理と負荷の高いクラウド処理を組み合わせるアプローチは、サムスンが推進するアプローチとよく似ている、ということだ。

サムスンのモバイル部門責任者であるTM・ローは、「Galaxy AIはクラウドベースAIだけでなく、ハードウェア性能に大きく左右されるオンデバイスAIも使用する『ハイブリッドAI』を目指している。ハードウェアの制限を考慮したオンデバイスAIのために、多くのリソースと努力が投入されている。私たちは優れたGalaxy AI体験を実現するため、段階的に計画を進めている」
これは、ネットワークやプライバシー面で有利なオンデバイスの性能を最適化しつつ、フル機能の生成AIサービスを提供する、というアップルが現在計画中の方向性と全く同じだ。

サムスンの最新ニュースは、アップルが直面している別の問題も反映している。それは、次期iOSの新機能を古い従来機種にどうやって適用するかというものだ。そしてそれは論理的に、オンデバイスよりクラウド処理が増えることを意味するのだろうが、ハードウェアの制限に関して、サムスンとアップルとでは事情が異なる。

サムスンは、Galaxy AIがS22シリーズとすでに予定されていS23のアップデートに導入される可能性を示唆した。しかし同社は「リソースと努力」が膨大であることを認めており、これは開発が継続中であり、確約もリリース時期の発表もできないことを意味している。アップルもまったく同じ道をたどるだろう。

今回の明らかになったアップルの計画は、そのユーザーの目には、グーグルが独占的な地位をもつ検索エンジン領域とAI領域が同じような状況になりつつあると映ることだろう。生成AIと検索エンジンがもはや密接に関係している現在の状況を考えると、それは確かに論理的に思える。

しかし、ユーザーインターフェースの適用とデータ管理には違いがある。iMessageに入力されたGeminiのプロンプトがアップルの暗号化システムを外れてグーグルのマシンで直接処理されるということは想像しづらい。別の方法が必要だ。

アップルの課題はまだある。ニューヨークタイムズ紙が次のように書いている。「アップルとグーグルの新たな契約は、司法省の監視を受ける可能性がある。司法省は、グーグルが自社の検索エンジンをiPhoneなどでデフォルトにするためにアップルに金を払い、反トラスト法に違反しているとする訴訟の最終段階にある。この裁判を担当するワシントンDC連邦地方裁判所のアミット・P・メータ判事は、今年中に判決を下す見込みだ」。