新品互換用パソコン バッテリー、ACアダプタ、ご安心購入!
ノートpcバッテリーの専門店



人気の検索: ADP-18TB | TPC-BA50| FR463

容量 電圧 製品一覧

スペシャル

グーグル、iOS 18登場前に「メッセージ」に関する新たな警告

アップルの次期iOS 18は、RCS(リッチコミュニケーションサービス)をはじめ、10億を超えるiPhoneユーザーにエキサイティングな新機能の提供することになっている。しかし、グーグルによる最新の警告(およびその背後にある深刻な問題)は、その興奮に冷や水をかけるものであり、必要される現状のチェックに役立つものかもしれない。

今秋予定されているiOS 18に関する事前情報は、キサイティングなAI機能の強化が期待されている。しかし、メッセージング関連でまた別の重要な変更がある。アップルはグーグルなどからの圧力についに屈し、iPhoneでRCSを利用できるようにする。

RCSは、現在AndoridとiPhoneの間のメッセージで使われている1990年代のSMS(ショートメッセージ)から大きなステップアップしたサービスだが、欠点もある。GoogleメッセージとiPhoneのメッセージアプリの間では、エンド・ツー・エンドの暗号化がないことはほぼ確実で、アップルユーザーはRCSがもたらすであろう制御不能な「スパムの雪崩」のリスクを負うことになる。

そこでグーグルは、iOS 18が公開される前にこの問題を解決しようと対策レベルを引き上げた。もちろんこれにより、グーグルがアップルにRCSを導入させるために並べてきた魅力の一部をなくすリスクがある

メディアを送信したり、入力中のインジケーターが表示されるのはユーザーにとって楽しいことだが、 おそらく最大の変化はRCSを使った広告であり、この比較的新しいセグメントの価値は急速に高まっている。「かつてないレベルの顧客ターゲティングと100%保証されたブランドのviewability」をもたらすとされるRCSは、ユーザーを一種の『囚われの観衆』にし、Eメールで使われるようなフィルターがないことから、世界最大の広告メディアになる可能性がある。

アップルが新たに10億人以上にRCSを提供するのに先立ち、グーグルは「RCSが数百数千万のiPhoneユーザーに公開され、スパムリンクが間違いなく増えることになる前に、あらゆる方法でプラットフォームを安全にする」ための変更を行おうとしているとGoogle Piexelに特化したサイトであるPiunikawebが報じている。

すでにグーグルは、メッセージのユーザーが未知の送信者から送られたリンクをクリックすると、スミッシング(SMSを悪用したフィッシング)攻撃の波を食い止めるために、警告を発している。しかし現在はさらに進んで、リンクを開く前にユーザーに実際にクリックしてリスクを受け入れなければならないようだ。

通信・サイバーセキュリティソフトウェア会社のENEA は今年2月、「全世界のメッセージ・トラフィックの4.8%は詐欺であり【略】今やメッセージング・エコシステムにおける詐欺の蔓延は著しく、2023年に送られた詐欺メッセージは198億~357億件に上り、詐欺メッセージのためにブランドは総額116億ドル(1兆7600億円)の損失を被った」と報告した。

消費者の反発を避けようとするRCS市場にとって辛い真実がある。いらだったユーザーがRCSのスイッチをオフにするのは、企業が最も望まないことだ。20億ドルの報酬がある市場であり、「RCSメッセージはEメールより35倍多く読まれ、RCSを使っているブランドのエンゲージメントは74%高いという調査結果が示すように、顧客と効率よく関わりあう能力を求めてRCSを導入する企業が増えている」ためだ。

金の卵を産むニワトリを早死にさせたい者などいない。またこれはAndroidユーザーのためのすばらしいモーニングコールであり、誰もが歓迎すべきことだ。もちろん、数十億件の望まれないメッセージを量産しているスパム工場は別だが。

「この確認のステップはRCSスパムをコントロールすることが目的であり、アップルがRCSのサポートをiPhoneへと拡大する前に行うことが重要だ」とニュースレターのAndroid Policeはいう。これはグーグルがAndroidをよりアップル風にするためにRCS分野で行った初めての措置ではなく、一部のルート化(改変)されたデバイスによるRCSの利用を禁止した決定も同様の目的だった。

もしアップルとグーグルが本気で協力して、たとえばWhatsAppを真のクロスプラットフォームのメッセージングソリューションにしたいのなら、スパムを排除するための防御がさらに何重にも必要になる。アップルはプライバシーとセキュリティにイノベーションを適用することに関して優れた実績があり、今こそそれが大いに必要とされている時だ。



お問い合わせ